メニューを閉じる
2021年2月26日(金)
2593 : 飲料・たばこ・嗜好品
東証1部
JPX日経400採用 種類株

【茶葉製品の製造販売最大手】ウーロン茶販売草分け。緑茶飲料に強い。

現在値(15:00):
5,880
前日比:
-180(-2.97%)

伊藤園、茶産地育成事業(新産地事業)に静岡県を加え展開地区を拡大

2020/8/7 17:01
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年8月7日

事業者が主体となり、耕作放棄地などを大規模な茶園に造成

「お~いお茶」専用茶葉などを生産していただく"新産地事業"

静岡県で茶産地育成事業(新産地事業)を開始

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、耕作放棄地などを積極的に活用して新たに大規模な茶園を造成し「お~いお茶」専用茶葉などを生産していただく"新産地事業"に、本年より静岡県(袋井地区)を加え、展開地区を拡大しました。

国産緑茶(荒茶)生産量の約4分の1を扱う当社は、「茶産地育成事業」を通じて高品質な国産緑茶原料の安定調達や生産の効率化などに取り組んでおり、その茶園総面積は1,836ヘクタール(2020年4月)で、本年度末には2,000ヘクタールを超える計画です。茶畑づくりから始める"新産地事業"は、2001年より宮崎県都城地区で展開を開始し、九州の各地で「お~いお茶」専用茶葉などを生産しています。今回新たに静岡県が加わることで、"新産地事業"の展開地区は6県8地区に拡大しました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

静岡県は、県内の茶生産を維持・発展させるため、事業者への農地集約と併せて、耕作放棄地の解消を推進しています。耕作放棄地が増加している袋井市において、行政の支援のもと、農地中間管理機構などを活用し、有限会社秋田製茶(代表:秋田稔 本社:静岡県袋井市)と当社が協働して、2040年までに新産地事業として100ヘクタールを目指します。

今後、新たに展開した静岡県を含め、"契約栽培"と"新産地事業"を合わせた「茶産地育成事業」は、生産者の雇用維持と茶業界の発展を目指し、更に拡大していきます。日本を代表するお茶のリーディングカンパニーとして、引き続き「茶産地育成事業」を積極的に推進してまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538769_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538769_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

79件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World