メニューを閉じる
2021年6月13日(日)
本社住所 〒 101-8329 東京都千代田区神田駿河台2-3

パイオニア、日新火災海上とテレマティクス技術を活用した自動車保険に関する業務提携契約を締結

2020/8/6 18:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年8月6日

テレマティクス保険で日新火災海上保険と業務提携

~パイオニアの先進安全運転支援システムと通信ドライブレコーダーを活用した新サービスを提供~

パイオニアは、日新火災海上保険株式会社(社長:織山 晋、以下「日新火災」)とテレマティクス技術を活用した自動車保険に関する業務提携契約を7月31日に締結しました。日新火災の自動車保険「ユーサイド」の新サービス「ドライビングサポート24プラス」に、当社の先進安全運転支援システム「Intelligent Pilot(インテリジェントパイロット)」と通信ドライブレコーダーが採用され、2021年1月1日以降始期契約を対象に運用開始されます。

■日新火災「ドライビングサポート24プラス」の主なサービス内容

自動車保険「ユーサイド」の特約として本サービスを付帯された方に、通信ドライブレコーダーが貸与され、以下のサービスが提供されます。

<平常時>

リアルタイムな危険運転警告(片寄り走行警告、前方車両接近警告など)を行うことで安全運転をサポートします。

<事故直後>

強い衝撃を検知した場合、事故受付センターに自動で連絡が行われ(自動発報)、ドライブレコーダーを通じて通話することができます。オペレーターがドライバーに呼びかけ、状況に応じたアドバイスや救急車手配等を行うことで、ドライバーの安全確保と迅速な事故通知をサポートします。

<事故対応時>

事故映像を日新火災に自動送信し、事故受付、事故対応担当者によるお客様対応、事故の相手方との示談交渉を円滑に行います。

・日新火災海上保険 報道資料: https://www.nisshinfire.co.jp/news_release/pdf/news200806.pdf

■パイオニアの先進安全運転支援システム「Intelligent Pilot」

デジタル地図データやプローブデータ、事故発生地点、天候などの各種データと、ドライバーの運転傾向などから事故のリスクをリアルタイムに予測し、事故リスクが高い場合のみ注意喚起・警告を行う先進安全運転支援システム。ソフトウェア開発キット「Intelligent Pilot SDK」を使えば、お客様のサービスに「Intelligent Pilot」の機能を加えられるほか、専用の通信型ドライブレコーダーと組み合わせることで、より高度な運転支援が可能になります。

※参考資料は添付の関連資料を参照

・「Intelligent Pilot」の詳細について: https://intelligent-pilot.jpn.pioneer/ja/?ad=pr

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538723_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

  • QUICK Money World