メニューを閉じる
2021年4月17日(土)
本社住所 〒 550-0002 大阪市西区江戸堀1-2-1

大同生命とディーカレット、生命保険業への応用の可能性を検証するデジタル通貨発行実験を実施

2020/7/7 13:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年7月7日

デジタル通貨の発行実験の実施

─生命保険業への応用可能性を検証─

T&D保険グループの大同生命保険株式会社(社長:工藤稔(くどうみのる)、以下「大同生命」)と株式会社ディーカレット(社長:時田一広(ときたかずひろ)、以下「ディーカレット」)は、2020年7月7日より、デジタル通貨に関する実証実験を開始いたしました。

大同生命は、国内生命保険会社としては初めて、ディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を用いて自社ブランドのデジタル通貨を発行し、実証実験参加者に限定した仮想経済圏を構築します。参加者がスマートフォンアプリでデジタル通貨を保有し、物品購入や、スマートコントラクト(注1)による自動積立等を行うことで、デジタル通貨やブロックチェーン技術の生命保険業への応用可能性を検証します。

なお、大同生命は2019年7月にディーカレットに出資しており(注2)、今回の実証実験は協働による取組みの一環です。

大同生命とディーカレットは、今後も、デジタル通貨等のテクノロジーの活用を通じ、より利便性の高い生命保険の実現を目指してまいります。

以上

(注1)送金や決済といった取引に伴うさまざまな処理を自動化する仕組み

(注2)2019年7月11日付大同生命ニュースリリース

 デジタル通貨による価値交換プラットフォームとの協働-ディーカレット社への出資-

https://www.daido-life.co.jp/company/news/2019/pdf/190711_news.pdf

■実証実験の概要

・大同生命はディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用し、デジタル通貨を発行します。

 (発行するデジタル通貨の有効期間は、2020年7月から8月の約2カ月間)

・実証実験の参加者(大同生命の役職員、約100名程度)が、スマートフォンアプリでデジタル通貨を保有し、参加者に限定した範囲で利用します。

・具体的には、物品購入や、日々の歩数など健康活動の成果に基づく自動積立のほか、募金とりまとめ者による集金など社会貢献活動にも活用します。

・これらの取組みを通じて、デジタル通貨の発行から利用までの一連の事務運用等を確認し、保険料収納、保険金支払など実業務への応用可能性を検証します。

・さらに、本実験で使用するブロックチェーンを大同生命とディーカレットの2社で共同構築し、相互運用性など技術的な課題の洗い出しを行います。

<実証実験イメージ図>

※添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<実証実験イメージ図>

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537233_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537233_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

  • QUICK Money World