メニューを閉じる
2020年11月29日(日)
9432 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【通信事業最大手】持ち株会社。傘下に東西地域会社やドコモなど。

現在値(15:00):
2,520.5
前日比:
+20.0(+0.80%)

HERE Technologies、三菱商事とNTTが株式30%の共同取得を完了

2020/6/2 15:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年6月2日

三菱商事NTTがHERE Technologiesの株式30%取得を完了

オランダ・アムステルダム、東京‐HERE Technologies(以下、HERE)は、日本の三菱商事と日本電信電話株式会社(NTT)が、規制当局の承認を受け、HEREの株式30%の共同取得を完了したと発表しました。

HEREは三菱商事とNTTを戦略的出資者として歓迎しています。両社はこのほどオランダに共同出資の持株会社COCO Tech Holding B.V.を設立し、同社を通じてHEREの株式を取得しました。したがって現在、HEREの直接的および間接的な株主は、Audi、Bosch、BMW Group、Continental、Intel Capital、三菱商事、Mercedes-Benz、NTT、パイオニアの9社となります。

この取引の完了に伴い、三菱商事の常務執行役員コンシューマー産業グループ CEOの京谷裕氏、NTTの常務取締役新ビジネス推進室長の栗山浩樹氏の2名がHEREの監査役会に加わりました。

HEREの幅広くなった株主構成は、新たな産業や市場での成長を加速させるというHEREの目標を支えています。特に、新たに日本の出資者を迎えることで、HEREはアジア太平洋地域での成長を加速する出発点を得ることになります。本日の発表に先立ち、HEREと三菱商事はすでに、ラストマイルとミドルマイルの物流、都市部の交通渋滞の緩和、位置情報ベースの広告など、複数の分野で協業を開始しています。

HEREの最高経営責任者(CEO)であるEdzard Overbeekは、次のように述べています。「三菱商事とNTTを、当社の長期的成長目標を支え、企業価値を大幅に引き上げる戦略的出資者として歓迎いたします。両社は、イノベーションの推進、効率と持続性の向上、そして最終的にはより良い世界をつくるうえで、位置情報とテクノロジーの持つ多大な可能性を認識しています。」

■HEREについて:

位置情報データおよび位置情報技術のプラットフォームを提供するHEREは、位置情報の力で、人、ビジネス、都市の推進に取り組んでいます。HEREのオープン・プラットフォームを通じて、都市のインフラ運営から企業の資産最適化、さらにはドライバーが安全に目的地に到着することまで、お客様により良い成果をご提供いたします。HEREの詳細は http://www.here.com/ および http://360.here.com をご覧ください。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

132件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World