メニューを閉じる
2021年1月16日(土)
4974 : バイオ・医薬品関連
東証1部

【試薬・食品を開発】遺伝子工学を生かした治療の実用化に注力。

現在値(15:00):
2,808
前日比:
+13(+0.47%)

タカラバイオ、新型コロナウイルスDNAワクチン製造体制の強化について発表

2020/5/21 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年5月21日

新型コロナウイルスDNAワクチン製造体制の強化について

タカラバイオ株式会社は、森下竜一教授(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学)およびアンジェス株式会社らのグループが進める、プラスミドDNA製造技術を用いた、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する予防用DNAワクチンの開発(本ワクチン開発)に協力しておりますが、この度、AGC Biologics株式会社(AGC株式会社の事業子会社、以下AGC社)とCytiva(サイティバ) 旧GE ヘルスケアライフサイエンス(日本の法人はグローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社、以下Cytiva社)が当社の協力体制に加わりました。

プラスミドDNAの製造技術・設備を有する当社は、DNAワクチンの構築・製造を担当しますが、AGC社は中間体の分担製造、Cytiva社は精製用資材の優先的な供給をそれぞれ担当する予定です。この協力体制を活用し、DNAワクチンの大量製造体制を構築することができました。

DNAワクチンとは、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できる特徴があると言われています。対象とする病原体のたんぱく質をコードする環状DNA(プラスミドDNA)を接種することで、病原体たんぱく質を体内で生産し、病原体に対する免疫を付与します。弱毒化ワクチンなどとは異なり、病原性を全く持たないため、安全であると言われています。

なお、本ワクチン開発が、当社2021年3月期連結業績に与える影響は現在精査中です。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534393_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

26件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World