メニューを閉じる
2020年12月1日(火)
本社住所 〒 101-8011 東京都千代田区神田駿河台3-9

三井住友海上、個人間カーシェアリングに対応した「カーシェアプラットフォーマー専用自動車保険」を発売

2020/4/15 15:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年4月15日

~安心・安全なモビリティ社会の実現に向けて~

【業界初】「カーシェアプラットフォーマー専用自動車保険」の開発について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、個人間カーシェアリングに対応した、業界初となる「カーシェアプラットフォーマー専用自動車保険」を開発し、4月から販売を開始します。

本商品は、個人間カーシェア等のカーシェアプラットフォーム運営事業者(以下、「カーシェアプラットフォーマー」)が契約者(記名被保険者)となり、カーシェア利用中の事故を抜け漏れなく包括的に補償するとともに、柔軟な補償設計を可能としています。また、従来の自動車保険では補償対象外であった「持ち逃げ」リスクも補償することで、安心して利用できるようにします。

これは、自動車の利用形態が多様化しつつある社会環境の変化を踏まえ、CSV(Creating Shared Value)取組(※1)の一環として、カーシェア事業に関わるすべての皆さま(カーシェア利用者、車両所有者、カーシェアプラットフォーマー)に一つの保険で漏れなく安心・安全を提供するものです。

三井住友海上は、今後もCSV取組を通じて、安心・安全なモビリティ社会の実現に貢献していきます。

※1:企業活動を通じて、社会との共通価値を創造することをいいます。

1.本商品の概要

(1)商品の特長

[1]カーシェア利用中の事故を包括して補償「業界初」

 カーシェア利用中の事故について、車の利用1回ごとの契約手続きではなく、事業者と当社間の年間契約で包括的に補償します。この契約方式は、カーシェアプラットフォーマー向けとして業界初となります。これにより、車両所有者およびカーシェア利用者は補償の抜け漏れの心配なく安心してサービスを利用できます。

[2]カーシェアプラットフォーマーごとに補償内容をカスタマイズ可能「業界初」

 人身事故、物損事故および車両等の基本補償に加えて、弁護士費用や車内手荷物の補償等の提供有無を選択できる柔軟な補償設計を可能としています。

[3]車両の持ち逃げ等の「詐欺・横領損害」を補償「業界初」

 従来の自動車保険では支払対象ではなかったカーシェア利用者による「車両の持ち逃げ」等、「詐欺・横領損害」の補償を個人間カーシェア等向けに業界で初めて提供(※2)します。シェアリング特有のリスクに対応することで、車両所有者が安心して個人間カーシェアを始められるようになります。

*イメージ画像は添付の関連資料を参照

(2)ロードサービス・事故受付専用フリーダイヤル

カーシェア利用者が万一の事故・トラブルがあった場合に備え、利用者専用のロードサービス・事故受付フリーダイヤルを新設しました。

※2:詐欺・横領損害による車両損害について、カーシェアプラットフォーマーが車両所有者に対して契約上の責任を負う場合に限ります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0532964_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0532964_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

72件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
  • QUICK Money World