メニューを閉じる
2021年3月8日(月)
本社住所 〒 100-6752 東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー

大和ネクスト銀行、第3回「ジャパンSDGsアワード」で新形態銀行として初めて特別賞を受賞

2019/12/20 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年12月20日

第3回「ジャパンSDGsアワード」で新形態銀行として初めて特別賞を受賞

~応援定期預金による幅広いSDGs達成への取り組みが評価~

株式会社大和証券グループ本社の子会社で、大和証券株式会社を銀行代理店とする株式会社大和ネクスト銀行(東京都千代田区、代表取締役社長:中村比呂志 以下、大和ネクスト銀行)は、12月20日(金)、首相官邸大ホールにて、安倍内閣総理大臣を本部長とするSDGs推進本部から、第3回「ジャパンSDGsアワード」における特別賞「SDGsパートナーシップ賞」を受賞しました。新形態銀行としては初めての受賞となります。

本アワードは、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて優れた取り組みを行う企業・団体等をSDGs推進本部が表彰することを目的に2017年からスタートし、今回で3回目となります。

今回の受賞は、大和ネクスト銀行の「応援定期預金」がSDGsの達成に貢献するものとして、特筆すべき功績があったと認められ、表彰されました。

大和ネクスト銀行では、2017年11月に、お客さまのお預入れ残高に一定割合を乗じた金額をお客さまが選んだ団体・活動に大和ネクスト銀行が寄付する「応援定期預金」の取り扱いを開始し、2019年12月17日に預金残高は300億円を突破しました。

大和証券グループでは、SDGs推進アクションプラン"Passion for SDGs"2019を掲げ、総合証券グループの強みを活かし、持続可能な資金循環を生む"大和版SDGsバリュー・チェーン"を構築することで、共通価値の創造に積極的に取り組んでいます。大和ネクスト銀行「応援定期預金」についても、「社会課題解決に資するSDGsファイナンス商品の拡充」の一環として、現在、「こどもの医療支援」「こどもの自立支援」「障がい者スポーツ支援」「環境保護」の4つのテーマで課題解決に取り組む10以上の団体を応援しております。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525851_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

21件中 1 - 21件

  • QUICK Money World