メニューを閉じる
2020年1月19日(日)
9424 : 通信サービス
東証1部

【データ通信サービス】通信回線を借り受け付加サービスを提供。

現在値(15:00):
234
前日比:
+4(+1.74%)

日本通信、米国各携帯事業者の基地局網とCBRS基地局の両者に接続できる「ハイブリッドSIM」を提供

2019/11/27 11:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年11月27日

日本通信、ローカル5G戦略に基づき米国CBRSで「ハイブリッドSIM」を提供へ

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、当社のローカル5G戦略の一環として、まずは米国CBRSに集中して取り組んでいますが、この度、米国携帯事業者(MNO)ネットワークの接続に関する契約を締結したことで、米国の各携帯事業者が持つ基地局網とCBRS基地局の両者に接続できる「ハイブリッドSIM」を提供することを決定しましたので、お知らせいたします。

当社は、2018年に国内のプライベートLTE用基地局第1号の認定を取得し(2018年5月7日公表の「日本通信、周波数免許不要のLTE向け基地局に関し電波法及び電気通信事業法が定める認定を取得」をご参照ください)、ローカル4G(LTE)さらにローカル5Gに向けた取り組みを開始しています。一方米国では、CBRSにより、技術的課題を整理した上で真に実用的なローカル基地局の設置・運用・活用が可能になってきています。当社はこのような状況を踏まえ、まずは米国CBRSに集中した事業展開を行い、そこで得た技術、ノウハウ、及び事例を日本に横展開を図ることで、ローカル5Gをリードする戦略を遂行しています。

既に米国のショッピングモールに極めて高出力の基地局を設置し、利用者となるショッピンモール運営会社及びテナント店舗と準備を進めています。この過程で明確になってきていることは、監視カメラや店頭支払機(POS)のような設置型もあれば、職員や警備員が使うスマートフォンのように、モール内で使い、かつモールの外でも使うというニーズがあることです。このようなニーズに対応するためには、1枚のSIMで、CBRS基地局圏内にいるときにはCBRS基地局に繋がり、圏外のときにはMNOネットワークに繋がる必要があります。ローカル5G及び同様のローカル基地局を活用するIoTプラットフォームとしては、まさにこの1枚のSIMを提供できることが、成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

CBRS基地局に接続するには認証情報が必要です。同じようにMNOネットワークにつなげるためには、MNOの基地局に接続するための認証情報が必要です。当社はこの度、米国の各携帯事業者の全米ネットワークに接続するための認証情報を、当社のSIMに当社が書き込んで使える契約を締結しました。これにより当社の強みであるMNOネットワークとの相互接続に関する技術、ローカル基地局に関する技術、及び認証するためのコアネットワーク、両方をハイブリッドで提供するためのリモートSIMプロビジョニング技術・ノウハウを集約させ、CBRS基地局とMNOネットワークにつなげることができるハイブリッドSIMの提供を決定しました。

ローカル5Gに代表されるローカル基地局を使ったモバイル通信サービスは、IoT及びAI技術を支える基盤として今後急速に広がっていきます。当社は、「ハイブリッドSIM」を中心にしながら、総合的なローカル5G戦略を遂行し、IoT及びAI技術の実社会への応用に貢献してまいります。

■日本通信について

日本通信株式会社は、1996年の創業時から強い信念をもってMVNOという新たな産業を生み出してきた会社です。あらゆるものがデジタル化し通信でつながる今日において、日本通信の特許技術であるモバイル専用線は、その主要システム全てにおいて国際セキュリティ基準のPCI DSS認定を取得し、警察や銀行、クレジットカード業界などの厳しいセキュリティ要件が求められる分野で採用されています。さらに日本通信は、世界最高水準のセキュリティを確保しつつも、利便性を損なわずに本人認証と取引内容の改ざん防止を可能とし、スマートフォンで安全・安心な金融取引を実現するフィンテックの共通プラットフォーム化も進めています。日本通信は今後も、チャレンジャーであり続け、安全なモバイル環境が、国境を越えた社会インフラになることを目指してまいります。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

17件中 1 - 17件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World