メニューを閉じる
2020年10月20日(火)
4536 : バイオ・医薬品関連
東証1部
JPX日経400採用

【医家向け目薬1位】米メルクの欧州販路使い世界シェア拡大。

現在値(13:28):
2,087
前日比:
-37(-1.74%)

参天製薬と東海大、トウビシ果皮ポリフェノールとルテインによる白内障予防の可能性を示唆

2019/11/26 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年11月26日

トウビシ果皮ポリフェノールとルテインによる白内障予防の可能性を示唆

参天製薬株式会社(本社:大阪市、以下参天製薬)と東海大学農学部バイオサイエンス学科(所在地:熊本県熊本市)の永井竜児教授らのグループは、ヒシエキス(トウビシ果皮ポリフェノール)とルテインの混合摂取が、糖尿病モデルラットにおける白内障(水晶体混濁)抑制効果を示すことを明らかにしました。

白内障は、水晶体の一部または全部が何らかの原因で混濁する加齢性の疾患です。早い人は40歳代から混濁が始まり、80歳代では大部分の人が白内障を発症しますが、糖尿病の進展に伴って早期に発症する場合があることが知られています。その発症機構は解明されていないものの、水晶体混濁の一因として紫外線による酸化*1、糖化*2等が報告されています。

参天製薬と東海大学農学部バイオサイエンス学科による共同研究は、糖化と酸化に着目し、糖尿病モデルラットに対して、in vitro*3において、抗糖化作用が確認されているヒシエキスと、抗酸化作用を持つルテインを混合投与することにより、白内障が抑制されたことを初めて明らかにしました。本研究から、ヒシエキスとルテインの摂取が白内障の発症・進行遅延の一助となることが期待されます。

本研究は、2019年11月12日のJournal of Clinical Biochemistry and Nutrition*4に掲載されました。

目のスペシャリティ・カンパニーである参天製薬と、老化や生活習慣病の予防に貢献する研究を目指す永井教授らは、この研究が白内障患者さんへの貢献につながることを期待しています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524165_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World