メニューを閉じる
2019年12月8日(日)
5110 : 自動車部品
東証1部
JPX日経400採用

【タイヤ世界大手】オーツタイヤを合併。グッドイヤーと提携解消。

現在値(15:00):
1,404
前日比:
-2(-0.14%)

住友ゴム、DUNLOPのフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXT III」を発売

2019/10/24 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月24日

ウエットグリップ性能の低下をほぼ半減

DUNLOP(ダンロップ)のフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXT III(ネクストスリー)」を新発売

住友ゴム工業(株)は、従来のポリマーとは全く異なる「水素添加ポリマー」を用い、ウエットグリップ性能の低下をほぼ半減(※1)することでお客様の安全・安心につながるDUNLOPのフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXT III」を12月1日から発売します。発売サイズは1サイズで、希望小売価格は25,100円(税別)です。

更に、「エナセーブ NEXT III」にはバイオマス素材であるセルロースナノファイバーを世界で初めてタイヤに採用しており、低炭素社会の実現にも貢献します。

 ※1 従来品「エナセーブ NEXT II」との比較

近年、MaaS(Mobility as a Service)の発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進む中、タイヤに求められる性能も変革を遂げています。そのような中、当社は「SMART TYRE CONCEPT」を掲げており、例えばタイヤの摩耗、経年による性能低下を抑制し、新品時の性能を長く持続させる「性能持続技術」や、商品ライフサイクル全体で環境性能を高めて循環型社会の実現に寄与する「ライフサイクルアセスメント(LCA)」を採り入れた商品開発を推進しています。

今回発売する「エナセーブ NEXT III」は、「SMART TYRE CONCEPT」の主要技術を採用した第一弾商品です。これまでタイヤに用いていたポリマーとは全く異なる「水素添加ポリマー」を用いたことで、ウエットグリップ性能の低下を従来と比べてほぼ半減させる「性能持続技術」のコンセプトを取り入れています。さらに、高機能バイオマス材料であり国が重点産業として推進している素材・セルロースナノファイバーを世界で初めて(※2)タイヤに採用し、「LCA」の観点から環境負荷低減にも貢献できるものです。

 ※2 当社調べ

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521944_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521944_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

121件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World