メニューを閉じる
2019年11月18日(月)
5110 : 自動車部品
東証1部
JPX日経400採用

【タイヤ世界6位】オーツタイヤを合併。グッドイヤーと提携解消。

現在値(15:00):
1,404
前日比:
+11(+0.79%)

住友ゴム、タイヤの性能持続技術開発を加速させるAI技術「Tyre Leap AI Analysis」を確立

2019/10/18 14:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月18日

タイヤの性能持続技術開発を加速させるAI技術「Tyre Leap AI Analysis(タイヤ リープ エーアイ アナリシス)」を確立

住友ゴム工業(株)は、タイヤの原材料情報に加えてゴム内部の構造情報である高度分析データのリアルな情報から高精度なゴム物性推定や、使用前後の構造変化の検知によって使用後のゴム物性推定などに応用できるAI技術「Tyre Leap AI Analysis」を新たに確立しました。本技術の活用により、当社が「Smart Tyre Concept」で掲げている「性能持続技術」(※1)の開発を加速させ、持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する安全・安心な高性能タイヤ開発につなげてまいります。

※1 タイヤの摩耗、経年による性能低下を抑制し、新品時の性能を長く持続させるための技術

タイヤに用いられるゴムは天然ゴムや合成ゴムなどのポリマー、カーボンやシリカなどの補強剤、架橋剤や添加剤などで作られる複合体であり、各材料の配合量や構造といったさまざまな要因によって性能が決定されます。しかしながらゴムの内部構造は非常に複雑であり、人による解析では多大な時間を要し、かつ解析精度にも限界がありました。

そのような中、今回確立したAI技術「Tyre Leap AI Analysis」は、例えばタイヤ用配合ゴムの電子顕微鏡画像にAI解析技術(※2)を適用することで、人にはできない高精度な解析が実現でき、画像(構造情報)から物性を導き出します。また、ゴムに配合されている原材料の情報と他の構造情報を組み合わせることで、さらに高精度な物性推定を可能にします。なお、「Tyre Leap AI Analysis」は、使用前後のゴム内部の構造変化の検知も行えることから、今後は使用後のゴムの物性推定などへの応用が期待できます。

※2 AIによる画像解析技術は北海道大学 長谷山美紀教授との共同研究によるものです。

*参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521611_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

120件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World