メニューを閉じる
2019年11月19日(火)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(15:00):
6,363
前日比:
-6(-0.09%)

塩野義製薬、ヤンセン社およびアルツハイマー治療薬研究基金と「臨床検体アクセス契約」の締結で合意

2019/10/18 14:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月18日

アルツハイマー病の早期診断に関するヤンセン社並びにアルツハイマー治療薬研究基金(ADDF)との提携について

-WDC 2019において「臨床検体アクセス契約」を発表-

塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」または「当社」)は、当社とヤンセン社並びにアルツハイマー治療薬研究基金(ADDF)が「臨床検体アクセス契約」の締結に向けて合意したことを、東京で開催中の世界認知症審議会(WDC)で発表しましたので、お知らせいたします。

人口の高齢化に伴い、アルツハイマー病は大きな社会問題となっています。世界で4,400万人以上の人々がアルツハイマー病を含む認知症を抱えて暮らしており、その数は日々増加しています。アルツハイマー病の早期発見のためにはバイオマーカーの特定が重要な研究テーマの一つとなっており、初期の段階でアルツハイマー病を的確に検出しモニタリングしていくことが臨床試験や治療法の開発を進める上で重要となっています。

これまで当社とヤンセン社は、開発を中止したアルツハイマー病治療薬候補の臨床開発プログラムから得られた重要なデータや臨床検体を世界の科学界に提供することを検討してきました。今回の合意に基づき両社は、今後、アルツハイマー病治療薬の創薬促進を目的としたバイオマーカー開発を加速させるために資金提供プログラムを実施しているADDFと協力し、患者さまから臨床研究での使用許可が得られた臨床検体やそれに付随する匿名化された臨床データをアカデミア等の研究機関が利用できるよう、契約の締結に向けて調整してまいります。この資金提供プログラムは、アルツハイマー関連疾患のバイオマーカーを特定し、その特性を明らかにするために選択された研究開発に対して、ADDFより研究資金を提供するものです。

塩野義製薬は「創薬型製薬企業として社会とともに成長し続ける」ことを経営目標として掲げた中期経営計画SGS2020の中で、「個人が生き生きとした社会創り」を当社が取り組むべき社会課題の一つにあげております。当社は、ヤンセン社並びにADDFとの提携を通じて、保有する臨床データおよび臨床検体を医学界に広く提供することで、アルツハイマー病の診断、治療および予防に対する画期的な進展に繋げられるよう、引き続き努力してまいります。

以上

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

92件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World