メニューを閉じる
2019年11月17日(日)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(15:00):
6,289
前日比:
+90(+1.45%)

塩野義製薬、セフィデロコルの肺炎患者を対象とした第III相臨床試験(APEKS-NP)の試験結果を発表

2019/10/3 10:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月3日

注射用シデロフォアセファロスポリン抗菌薬セフィデロコルの院内肺炎患者を対象とした第III相臨床試験(APEKS-NP)の試験結果について

-主要評価項目を満たす結果を米国感染症週間(IDWeek2019)にて発表-

塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」または「当社」)は、注射用シデロフォアセファロスポリン抗菌薬セフィデロコルについて、院内肺炎患者を対象とした第III相臨床試験(APEKS-NP)で主要評価項目を満たす結果を得たことをお知らせいたします。本試験結果は米国ワシントンDCで開催中の米国感染症学会週間Infectious Disease Week2019(以下「IDWeek2019」)において現地時間10月3日午後に発表いたします。

本試験において、セフィデロコルが主要評価項目を達成し、カルバペネム系抗菌薬メロペネムの高用量投与と比較して非劣性を検証したことは、セフィデロコルが院内肺炎患者に対する新たな治療選択肢となり得ることを示す重要なエビデンスとなります。

IDWeek2019において発表したAPEKS-NP試験結果の概要は、次のとおりです。

■主要評価項目

主要評価項目である投与終了14日後の死亡率は、セフィデロコル投与患者(1回2g、3時間点滴、1日3回)で12.4%(18/145例)、メロペネム投与患者(1回2g、3時間点滴、1日3回)で11.6%(17/146例)であり、メロペネムに対して非劣性が検証されました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520499_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

92件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World