メニューを閉じる
2019年10月22日(火)
9437 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【携帯最大手】スマートフォンに本腰。データ通信の拡大が成長のカギに。

現在値(15:00):
2,870.0
前日比:
+48.0(+1.70%)

ファナック・日立・NTTドコモ、5Gを活用した製造現場の高度化に向け共同検討を開始

2019/9/2 12:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月2日

ファナック、日立、ドコモ、5Gを活用した製造現場の高度化に向け共同検討を開始

工場・プラント内における5Gの有用性を検証

ファナック株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:山口 賢治/以下、ファナック)、株式会社 日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社NTT ドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘/以下、ドコモ)は、このたび次世代移動通信方式である第5世代移動通信方式(以下、5G)を活用した製造現場の高度化に向け、共同検討を開始することに合意しました。

3社は、工場・プラント内の完全無線通信化をめざし、本共同検討の第一弾として、ファナックの本社工場(山梨県忍野村)および日立 大みか事業所(茨城県日立市)の製造現場で5Gの電波伝搬測定および伝送実験を開始し、工場およびプラントでの生産制御システムに必要な高信頼ネットワークにおける5G活用検証を行います。また、ファナックの自社工場では産業機器(CNC(※1)装置、ロボット、工作機械、センサー等)との5G接続および無線制御の検証をするほか、日立の大みか事業所内では制御ネットワークへの適用性検討や高精細映像のリアルタイム共有などによる遠隔保守作業支援の検証をするなど、製造現場のさまざまな環境において、5Gの有用性の検証を行います。

本実証実験で活用する5Gは、高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続を特長としています。リアルタイム性と安定性が求められる製造現場のネットワーク環境において、これらの5Gの特長を活かすことで、さまざまなセンサーで取得したデータの一括収集や産業機械の一括制御による製造現場の全体最適化および生産効率向上、工場・プラント内の自由なレイアウト変更への対応、設備と作業員の協働支援など工場内のIoT化に関する幅広い効果が期待されています。

本実証実験に参画するファナックは、ファクトリーオートメーションとロボットの世界的サプライヤーです。またファナックの提供する製造業向けオープンプラットフォームである「FIELD system(※2)」は、製造現場で使用される各種機器をネットワークで接続し、それらから生み出されるデータを賢く処理、活用することで、スマートファクトリーの実現を推進しています。このスマートファクトリー化に向けた自動化工場で5G活用の可能性を検討するとともに、今後、自社工場内において5Gの活用も検討予定です。

また、日立の大みか事業所では、電力の送配電や鉄道、上下水道といった社会インフラ分野向けや、発電や鉄鋼などの大型工場・プラント向けにミッションクリティカルな監視制御システムを設計・製造しています。工場・プラントの自動化や作業者支援への無線技術の応用などにも取り組むほか、これらの大みか事業所で推進する多品種少量生産に対応した生産改革、IoTやデジタル化のノウハウ・知見を「Lumada(※3)」としてソリューション化し、さまざまなパートナーやお客さまとの協創を進めています。今後、工場・プラント向けに適した5G対応ソリューションや無線網構築サービスの検討も行う予定です。

ドコモは、工場内を5Gネットワークでつなぐことにより、各機械やセンサーから得られるデータを見える化し、活用するなど、スマートファクトリーの実現に取り組んでまいります。一定速度での処理が求められる精密機器間の制御を無線通信で行うため、「ゆらぎのない安定した低遅延」など厳しい要求条件が想定される工場・プラント内での5G活用に向け、一般のお客さまが接続するネットワークと産業向けに特化されたネットワークをいかに連携するかなども含め、最適なネットワーク環境を実現できるよう、検討を進める予定です。

今後3社は、本実証実験を通して、それぞれのノウハウを持ち寄り、製造現場でのリアルタイムなデータを活用した生産性や品質管理の向上などに向け、5Gの活用について幅広く検討を進めてまいります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518074_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

492件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World