メニューを閉じる
2019年11月14日(木)
9202 : 空運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【航空大手】国内線、アジア近距離路線に強み。国際線を拡大。

現在値(13:06):
3,698
前日比:
-25(-0.67%)

ANAHDとニューロスペース、時差ボケ調整アプリの社外トライアルを実施

2019/8/20 14:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月20日

時差ボケ調整アプリの社外トライアルを実施

~「ANA Travel Wellness 乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクトのサービス第一弾~

~海外出張の多い企業が参画、生産性向上及び働き方改革の視点で検証~

ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野坂 真哉、以下 ANAHD)と株式会社ニューロスペース(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:小林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、時差ボケを伴う海外渡航者向けの時差ボケ調整アプリを共同開発しており、このたび開発に共感を頂いた企業に参画頂き、利用対象者を社外に拡大したトライアルを実施します。

*参考資料は添付の関連資料を参照

時差ボケ調整アプリは、「お客様がヒコーキにご搭乗された後でも疲れを感じず最大のパフォーマンスを発揮していただきたい」、さらには「ヒコーキに乗る前よりも元気になっていただきたい」という思いをこめ、現代の最新技術を取り入れた「ANA Travel Wellness 乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクトのサービス第一弾として開発を進めているものです。詳細は当該プレスリリースをご覧ください。(※1)

今回実施する社外トライアルは、海外との取引や海外渡航を伴う業務がある企業に参画頂き、当該企業の従業員の海外渡航時に時差ボケ調整アプリの利用を行います。時差ボケは、業務の生産性を低減する一つの要因となっていると考えられ、これまで従業員各自にゆだねられていた時差ボケへの対処に対して各企業が取り組む働き方改革への活用としても、その効果が期待されます。

本トライアルを通じて、アプリの効果や使い勝手を、ビジネスパーソンの視点および企業としての働き方改革への活用の視点で検証していきます。

今後については、時差ボケ調整アプリの開発及び実証実験を進め、2020年4月のサービス開始を目指します。また、ユーザーに提供される助言や推奨が実践しやすくなるよう、ANAのラウンジや機内サービスとの連携、出発前・渡航先・帰国後における提携先とのサービス連携など、アプリ内に留まらないサービス提供を検討していきます。

(※1)「時差ボケ調整アプリ」2018年9月14日リリース

ANAホールディングス株式会社: https://www.ana.co.jp/group/pr/201809/20180914.html

 株式会社ニューロスペース: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000020114.html

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517005_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517005_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

31件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World