メニューを閉じる
2019年9月18日(水)
2809 : 食品製造
東証1部
JPX日経400採用

【マヨネーズ首位】ドレッシングも強化。サラダ・総菜事業も展開。

現在値(10:03):
2,603
前日比:
-6(-0.23%)

キユーピー・横浜国大・東京医大、食とがん発症との関係性の研究がNEDOのAI技術開発事業のテーマに採択

2019/8/7 15:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月7日

テーマは"発がんリスクを説明できるAI"

NEDOのAI技術開発事業のテーマに採択

マイクロRNAを指標とした食とがん発症との関係性の研究

キユーピーは、国立大学法人 横浜国立大学(研究開発責任者:横浜国立大学 大学院環境情報研究院 長尾智晴 教授)、学校法人東京医科大学(研究開発責任者:東京医科大学 医学総合研究所 落谷孝広 教授)と共同して、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が公募する「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」プロジェクトに応募し、AIの信頼性に関する技術開発事業に採択されました。キユーピーは、本研究開発を通して、健康寿命延伸に貢献できる技術の実現を目指します。

採択された研究テーマは「生体データを用いて発がんリスクを説明できる"高信頼性進化的機械学習"の研究開発」です。

がんは、さまざまな生活習慣が複合的に関与する生活習慣病であり、食事とも深く関係すると考えられています。キユーピーは、食でがんを予防することを目的として、2013 年から落谷孝広 東京医科大学 医学総合研究所 教授(当時、国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野 分野長)と共同研究を実施しています。

この共同研究では(1)血液中に存在するマイクロRNAという微量成分の発現量と将来がんになるリスクの関係、また、がんの予防の観点から(2)マイクロRNA発現変動に対して特定の食成分が与える影響などに取り組んでいます。

今回、公募事業に採択されたのは、このマイクロRNAのデータ解析に必要なAIの研究です。既存のAIでこの解析を行うには膨大なデータ数が必要になる上、その処理過程を人が理解することは難しく、解析しても判定根拠を示すことが困難であることがわかっています。そこで、本研究開発では、現在の機械学習の精度や説明性を高めた新規のAI「高信頼性進化的機械学習」(図1★印)、すなわち「説明できるAI」の研究開発をテーマとします。AIの開発は横浜国立大学が、医学的評価は東京医科大学が、データの収集や実用化はキユーピーが担当し、発がんリスクの判定への活用を目指します。

※図1は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516409_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516409_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

66件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World