メニューを閉じる
2019年9月20日(金)
5711 : 製鉄・金属製品
東証1部
日経平均採用

【非鉄最大手】総合材料メーカー。アルミや超硬工具など多彩。

現在値(12:55):
2,977
前日比:
+40(+1.36%)

三菱マテリアル、子会社「三菱伸銅」を吸収合併(簡易合併)

2019/7/31 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月31日

連結子会社(三菱伸銅株式会社)の吸収合併(簡易合併)に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、2020年4月1日を効力発生日として、当社の連結子会社である三菱伸銅株式会社(以下「三菱伸銅社」)を吸収合併すること(以下「本合併」)を決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

なお、本合併は完全子会社を対象とする吸収合併であるため、開示事項・内容を一部省略して開示しております。

1.合併の目的

当社は、現中期経営戦略に基づき事業全体をプロダクト型事業とプロセス型事業に区分けし、市場動向および顧客ニーズに機敏に対応する体制構築を目的に、プロダクト型事業のうち銅加工事業、電子材料事業およびアルミ事業を統合した高機能製品カンパニーを2018 年10 月1 日付で設置いたしました。

当社は、このうち銅加工事業を成長促進事業と位置づけ、グローバルな事業展開を図り、マーケットの成長を上回る成長を果たすことを目標として、事業経営を行っています。

銅加工事業を取り巻く昨今の市場動向は、次世代自動車における大電流・高電圧化やCASE 対応を契機とした自動車の電子制御化への対応要求、ならびにさまざまな産業分野におけるIoT、AI 関連のニーズを受け、技術開発が世界規模で急速に進展しつつあります。さらに環境負荷の低減も、持続発展可能な社会の実現に向け、より重視されております。

このような市場環境において当社グループは、次世代自動車の製造に不可欠な高導電性・高伝熱性を有する無酸素銅やその合金をはじめ、環境負荷低減効果を有し加工性・耐食性にも優れる黄銅材エコブラス等の製品群を有しており、事業成長の好機と捉えています。

当社グループの銅加工事業は、当社が素材を製造し、三菱伸銅社がその素材を高付加価値品へ加工し販売する体制となっておりますが、今後ますます加速していく技術的ニーズの変化やユーザー・用途の多様化に迅速かつ的確に対応しつつ事業成長を確実に実現していくには、三菱伸銅社を当社に統合し経営リソースを一体的に運営することが必要と判断し、本合併を決定いたしました。

本合併後は、従来以上に積極的かつ機動的な投資を実行し、市場ニーズに応える製品を迅速に開発するとともに、国内外の製造・販売体制を整備・拡充してまいります。

具体的には、旺盛な需要が見込まれる自動車関連製品を中心とした生産能力について現行から約3割増加させるべく、成長戦略として2020 年度から2026 年度までに総額で約300 億円の設備投資を計画しております。さらに、伸銅社の事業と2017 年に買収したLuvata グループとの連携を通じ、海外市場および川下事業展開の強化・促進により、世界規模でのプレゼンス向上を図り、新たな需要を確実に捉え、銅加工業界におけるグローバルリーディングカンパニーとなることを目指します。

2.合併の要旨

(1)合併の日程

・取締役会決議日:2019 年7月31 日

・契約締結日:2019 年7月31 日

・合併予定日:2020 年4月1日

※本合併は、当社においては会社法第796 条第2項に基づく簡易合併であり、三菱伸銅社においては会社法第784 条第1項に基づく略式合併であるため、いずれにおいても合併契約承認のための株主総会を開催いたしません。

(2)合併方式

当社を吸収合併存続会社とする吸収合併方式で、三菱伸銅社は解散いたします。

(3)合併に係る割当ての内容

当社完全子会社の吸収合併であるため、本合併による新株式の発行および合併交付金の支払いは行いません。

(4)消滅会社の新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い

該当事項はありません。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515791_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

57件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World