メニューを閉じる
2019年8月18日(日)
8035 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造装置最大手】半導体・液晶向けが主力。米企業と統合撤回。

現在値(15:00):
18,800
前日比:
+365(+1.98%)

東京エレクトロンと島津製作所など、超高速液体クロマトグラフ質量分析計で細胞の分化状態を判断可能になることを解明

2019/7/1 16:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月1日

細胞の分化状態を超高速液体クロマトグラフ質量分析計で判断可能に

iPS細胞の大量培養に向けた品質管理での利用を目指す

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構(FBRI)と東京エレクトロン株式会社、株式会社島津製作所は、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)とES細胞(胚性幹細胞)の培養培地の経時的な測定の結果、未分化維持および分化開始時に分泌される特定成分が細胞の分化状態の判断指標になることを突き止めました。この発見によって、細胞を壊さずに未分化維持および分化の状態を判断できるようになります。将来的には、培養中の細胞状態をリアルタイムで計測する工程管理に用いることを想定しています。研究では島津製作所製の超高速液体クロマトグラフ質量分析計「LCMS-8050」を用いました。3社による共同研究の成果は6月26日にScience Signalingで発表いたしました。

1.背景

ヒトiPS細胞とES細胞は多能性幹細胞と呼ばれ、未分化(*1)な状態を維持しながらほぼ無限に増殖する能力(自己複製能)と、細胞に分化刺激を与えると色々な細胞や組織に分化(*2)する能力(分化能)を有しています。2つの能力を兼ね備えることで、多能性幹細胞から再生医療に使われる分化細胞を、移植に必要な細胞数を整えながら製造することが可能となります。

一方、未分化状態の細胞は、未分化細胞維持培地で培養されていますが、培地の交換頻度が適切でない場合や、細胞が過剰に増えた状態で培養を続けると、未分化細胞は自然に分化を始めます。このように分化細胞が未分化細胞の中に混じった状態で分化へ誘導すると、目的の細胞に100%分化しないことが想定されます。仮にこうした不完全な細胞を移植に使った場合は、十分な効果が得られないことが考えられます。従って、iPS細胞やES細胞を用いた安全かつ有効な細胞治療の実施には、細胞の分化状態を培養液の解析を通じて、細胞を壊すことなく簡便にモニターすることが欠かせません。そのためには「分化状態を判断する指標」を作る必要がありました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513344_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

16件中 1 - 16件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World