メニューを閉じる
2019年10月17日(木)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(15:00):
6,084
前日比:
+106(+1.77%)

塩野義製薬、トロンボポエチン受容体作動薬などで中国Edding社などとライセンス契約締結

2019/6/24 11:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月24日

トロンボポエチン受容体作動薬 LusutrombopagならびにHER2/EGFR 阻害剤 Epertinibの中国におけるEddingpharmグループとのライセンス契約締結について

塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締約社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」または「当社」)は、この度、トロンボポエチン受容体作動薬 lusutrombopag(日本での製品名:ムルプレタ(R))をEddingpharm(本社:中華人民共和国上海市、Chief Executive Officer: Ni Xin、以下「Edding社」)に、ヒト上皮増殖因子受容体 2(HER2)/上皮成長因子受容体(EGFR)阻害剤 epertinibをEdding社のグループ企業であるEOC Pharma(本社:中華人民共和国上海市、Chief Executive Officer: Zou Xiaoming、以下「EOC社」)にそれぞれ導出するライセンス契約を締結しましたので、お知らせいたします。

<LusutrombopagのEdding社とのライセンス契約締結>

中国における成人の慢性肝疾患患者数は約1,360万人(1,2,3)で、待機的な観血的手技を予定している慢性肝疾患患者数も多いと言われています。一方で、日米欧に比べて献血率が低く、加えて医療水準の向上により血液需要が増加し、慢性的に輸血用の血液が不足しています。また、確保した血液は輸血における感染のリスクが高いと言われています。Lusutrombopagは、当社で創製された低分子トロンボポエチン受容体作動薬で、待機的な観血的手技を予定している慢性肝疾患患者の施術の際の血小板輸血を回避できる代替療法として、すでに日本と米国において承認発売されております。Edding社は、中国全土の肝疾患、血液疾患、感染症専門病院を広くカバーする販売網を持った製薬企業であり、Edding社の販売網とlusutrombopagをグローバルに開発、販売してきた当社のノウハウにより、lusutrombopagは、承認後、患者さまの治療に一層貢献することが期待されます。

今回のライセンス契約締結により、Edding社は中国、香港、マカオにおける本薬の独占的販売権を獲得します。当社は、Edding社に製品を供給し、ライセンス契約締結に伴う一時金および製品上市後の経過時期に応じたマイルストンを受領する予定です。なお、承認申請を両社が共同して行うことも合意されています。

<EpertinibのEOC社とのライセンス契約締結>

HER2 陽性乳がん患者さまの治療についてはHer2 抗体の普及により生存期間が延長すると同時に抗体の効きにくい脳転移の発症率は相対的に高くなっています(4)。一方、脳転移巣に対して明確な有効性を示した薬剤は上市されておらず、脳転移に有効な乳がん治療薬が望まれています。Epertinibは、当社が創製したHER2/ EGFR 阻害剤で、既存のHER2分子に対する標的治療薬施行歴のある乳がん患者さまに対する良好な抗腫瘍効果に加えて、非臨床試験における良好な脳移行性が確認できていることから、脳転移巣に対する抗腫瘍効果が期待されています。

EOC社は、がん領域に特化したスペシャリティファーマです。今回のライセンス契約締結により、EOC社は中国、香港、マカオにおけるepertinibの開発、製造、販売権を取得し、中国において開発に着手します。当社は、ライセンス契約締結に伴う一時金および開発進展に応じたマイルストン、ならびに製品上市後の販売額に応じたロイヤリティーを受領する予定です。

塩野義製薬は、「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」という経営理念のもと、社外リソースを活用しながら、革新的新薬の継続的な供給を通じ、世界中の皆様の健康とQOLの改善に貢献してまいります。

なお、本件が2019年(平成31年)3月期の業績に与える影響は軽微です。

以上

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512690_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

92件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World