メニューを閉じる
2019年8月25日(日)
4382 : コンテンツ制作・配信
マザーズ

【AI開発】建設、金融企業向けなど。将棋アプリも。

現在値(15:00):
16,210
前日比:
-360(-2.17%)

竹中工務店とHEROZ、AIを搭載した空間制御システム「Archiphilia Engine」を共同開発

2019/6/5 14:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月5日

竹中工務店とHEROZ、AIを搭載した空間制御システム『Archiphilia(TM) Engine』を共同開発

「EQ House」にて、学習によって成長する建築を実証

竹中工務店(社長:佐々木正人)とHEROZ(代表取締役 CEO:林 隆弘)は、HEROZの提供するAI「HEROZ Kishin」を用いた空間制御システム『Archiphilia(TM)(※1)Engine(アーキフィリア エンジン)』を共同開発し、竹中工務店が設計施工を行った「EQ House(イーキューハウス)」プロジェクトにおいて、6月5日より実証実験を開始しました。

竹中工務店とHEROZは、今回の成果をもとに、建物設備へのAI適用を進めていきます。

また、まちづくりに関するソリューションとしての展開を図ることで、社会に貢献することを目指していきます。

【『Archiphilia Engine』について】

通常の建物設備システムは、設備管理員が手動で運転条件(スケジュール・空調や照明のONorOFF・室内温湿度等)を設定しています。今回開発した『Archiphilia Engine』は、センサーから取得したビッグデータとAIによって、運転条件を自動的に最適化し、省エネルギーや省人化を実現します。更に、入居者の好みや快適性といったフィードバックデータを継続的に学習し続けることによって、入居者にカスタマイズされた室内環境を自動的に提供できます。

『Archiphilia Engine』は、ビルコミュニケーションシステム(R)(以下、ビルコミ(R))によって収集・保存されるデータを「HEROZ Kishin」と機能連携させることで構成されています。現在、ビルコミを介した設備制御のみが可能となっていますが、BACnet(※2)などを使って、直接的に建物設備システムを制御するような拡張も可能です。

*参考画像は添付の関連資料を参照

※1 Archiphilia(TM)は、入居者(ヒト)がみずから環境にコミットし、空間をパーソナライズすることで、人とともに成長する建築、または生命が宿る建築を指す造語です。

※2 BACnetは建物設備システムで一般的に使われる通信規格です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511381_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511381_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World