メニューを閉じる
2019年12月9日(月)
7282 : 半導体・電子部品
東証1部(優先)
JPX日経400採用

【ゴム、合成樹脂】トヨタ系。海外拡充を推進。LEDにも注力。

現在値(15:00):
2,650
前日比:
+30(+1.15%)

豊田合成、山形県のスタートアップ「IMUZAK社」に出資ー内外装部品のモジュール開発を加速

2019/5/15 17:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月15日

~内外装部品のモジュール開発を加速~

山形県のスタートアップ「IMUZAK社」に出資

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮崎直樹)は、自動運転時代に対応した内外装部品のモジュール開発を加速させるため、光学設計・評価に強みを持つ株式会社IMUZAK(本社:山形県山形市、社長:澤村一実)に出資しました。

今後、自動運転技術の進展に伴って、周囲の車や歩行者、道路形状などの周辺環境を認識するためのセンシング機能や、車と人がコミュニケーションするためのHMI機能を搭載した部品が増えていくと見込まれます。この潮流を踏まえ、当社は、長年手がけてきたフロントグリルやコックピット、ハンドルなどの内外装部品に、センサなどの電子部品を融合し、安全・快適を支える機能と魅力的なデザインを両立する「モジュール製品」の開発を進めています。

当社はIMUZAK社への出資により、同社の光学分野における知見を組み合わせ、LIDAR(※)で用いる赤外線を透過する外装部品や、機器操作に光を活用する内装部品の開発など、新価値の創出を進めていきます。

なお、今回の出資は、当社が2019年1月に新設したコーポレートベンチャーキャピタルの専門組織(ベンチャー投資企画室)による投資の第1号案件であり、出資額は5,000万円、出資後の出資比率は19.1%です。

 ※Light Detection and Rangingの略。赤外線のレーザ光を照射し、対象物に反射されて戻ってくる時間によって距離と方向を測るセンサ。同様の仕組みを用いて距離・方向を測るミリ波レーダに比べ、短い波長の電磁波を用いるため、空間分解能が高い(対象物を細かく感知できる)のが特長。

■IMUZAK社の概要

1. 社名:株式会社IMUZAK(イムザック)

2. 所在地:山形県 山形市 末栄2-2-1 山形県高度技術研究開発センター内 研究者居室103

3. 代表者:代表取締役社長 澤村一実

4. 設立:2015年1月21日

5. 資本金:1,300万円

以上

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World