メニューを閉じる
2019年8月18日(日)
6361 : 産業用装置・重電設備
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ポンプ最大手】水処理など環境装置強化。半導体関連装置も。

現在値(15:00):
2,381
前日比:
+11(+0.46%)

荏原、エリオットが印バンガロールのサービスセンターに新工場増設・操業開始

2019/5/7 14:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月7日

インド・バンガロールサービスセンターに新工場を増設

※参考画像は添付の関連資料を参照

荏原製作所傘下のコンプレッサ・タービン事業を担うエリオットグループ(以下:エリオット)は、2月にインドのバンガロールのサービスセンターに、新工場を増設し操業を開始しました。

1.背景と狙い

バンガロールはインド南部に位置し、重工業からハイテク産業までさまざまな産業の拠点となる南アジア有数の都市です。エリオットは大型コンプレッサや大型蒸気タービンのアフターサービスを強化するため、2015年にサービスセンターを設立しています。今回の新工場増設により中小型蒸気タービンの生産を開始すると共にアフターサービスを拡充し、インドを中心とする東アジアにおけるコンプレッサ・タービン事業を幅広く展開させる、中心拠点としていきます。

2.概要

新工場では中小型蒸気タービンの製造、組立、試験を行うことができます。これにより、インド、東アジアを中心とするお客さまのニーズに、より的確に対応することが可能となりました。また、設計、販売、サービス部門やトレーニングセンターなども備え、アフターサービスをより強化させる体制を整えています。

【The Bengaluru YR factory】

・所在地:the Bidadi Industrial Area southwest of Bengaluru,India

・敷地面積:約5,000平方メートル

・施設内容:設計、生産機器、エリオット YR 蒸気タービン用試験設備、販売、サービス部門、トレーニングセンターなど

・稼働開始日:2019年2月

3.今後の展開

中小型蒸気タービンは、駆動用や発電用に使用され、石油化学工業のみならず、食品、一般化学分野、バイオマスプラントなど幅広い産業分野で使用されています。

エネルギー供給システムの多様化やエネルギー需要が拡大する中、エリオットは新規のお客さまへの対応と既存のお客さまへの幅広いサービス、サポート体制を一層充実させてまいります。

100年以上コンプレッサ・タービン事業を展開するエリオットは、アジア・ヨーロッパ・中東・南北アメリカなどにサービスセンターを有し、世界中の納入先にサービススタッフが駆けつけられる体制を有しています。今後も、皆さまに信頼され、期待され続ける製品を提供するためさらなる品質・サービスの向上に全力で取り組んでまいります。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508865_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

21件中 1 - 21件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World