メニューを閉じる
2020年1月23日(木)
7701 : 業務用機械器具
東証1部
JPX日経400採用

【精密機器大手】計測、医用、航空・産業機器と広範。技術力に定評。

現在値(11:30):
3,265
前日比:
+10(+0.31%)

島津製作所、細胞培地分析用の自動前処理装置「C2MAP-2030」を発売

2019/4/22 17:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月22日

細胞培地分析用の自動前処理装置「C2MAP-2030」を発売

ラボ環境に合わせた柔軟な運用を実現

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

*製品画像は添付の関連資料を参照

島津製作所は、細胞培地分析用の自動前処理装置「C2MAP(シーツーマップ)-2030」を4月22日に発売します。本製品は、細胞培地の成分を高速液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS/MS)で一斉分析する際の前処理工程を自動化した装置です。2017年発売の前身機種「C2MAP-2000」に様々な改良を施して、作業者の利便性向上やランニングコスト低減につなげました。

自動前処理装置「C2MAP-2030」と当社製LC/MS/MSを組み合わせた「C2MAPシステム」は、最大95種の培養上清(※)の成分分析において、サンプルの前処理からLC/MS/MSでの測定まで人手を介さずに実行します。これにより作業者の技量に依存せずに高品質で再現性の高い測定データの取得を容易にしました。培養上清のサンプルと試薬、ろ過・回収容器をセットするだけでシームレスに測定できるので、夜間や休日の無人稼働が可能です。また全工程を同一のIDでサンプルを管理できるため、取り違えリスクの軽減やトレーサビリティーの確保を実現します。付属のソフトウェア「C2MAP-TRENDS」は、得られた測定データを読み込み、各成分の経時変化をグラフで表示します。

抗体医薬製造に用いられる細胞の培養条件最適化のために、培地成分の消費や老廃物(分泌代謝物)の経時変化をモニタリングする重要性が高まっています。細胞治療/再生医療分野でも、細胞にダメージを与えずに細胞の培養状態を評価する手段として、LC/MS/MSを用いた培地の成分分析は注目を集めています。ただし、細胞培養に関わる研究者の多くは、LC/MS/MSの操作に慣れていません。島津製作所は、LC/MS/MS分析を容易にする自動前処理装置「C2MAP-2030」の提供によって細胞培養工程の最適化や管理などの業務効率化に貢献していきます。

 ※培養液中の浮遊細胞や死細胞を除いた培養液

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508270_01.JPG

製品画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508270_02.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508270_03.pdf

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

47件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World