メニューを閉じる
2019年7月18日(木)
9005 : 陸運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【東急グループ中核】グループ経営を強化。渋谷再開発に注力。

現在値(15:00):
1,917
前日比:
-45(-2.29%)

東急電鉄、静岡県と3次元点群データの利活用に関する協定を締結

2019/4/15 17:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月15日

公民連携によるインフラ設備の防災力強化・産業振興を目指し

静岡県と東急電鉄が3次元点群データの利活用に関する協定を締結

■主旨

静岡県と東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、両者が所有する、3次元点群データ(※)を相互に利活用し、地域の活性化や産業振興を連携して推進していくため、4月15日(月)に「3次元点群データ利活用に関する連携協定」(以下、本協定)を締結しました。

これまで、静岡県は防災、観光PRやインフラ維持管理の効率化といった観点から、構造物や観光地の3次元点群データを積極的に蓄積しています。東急電鉄も、首都高グループと共同開発中の「鉄道版インフラドクター」・「空港版インフラドクター」を活用した実証実験を、伊豆急行線内や、今年4月から東急電鉄などが運営開始した静岡空港で実施しており、3次元点群データを活用した保守管理業務の省力化に取り組んでいます。

本協定に基づく具体的な取り組みとして、静岡県は、県東部・伊豆半島の面的データ、県道の3次元点群データを、東急電鉄は、下田市街地の3次元点群データを取得します。両者は、この新たに取得するデータや、既に静岡県が保有する県道データを活用し、伊豆で進めている観光型MaaSの第2期(11月頃)において、下田市内で自動運転の実証実験を連携して行います。

このほか、静岡県は東急電鉄の取得する3次元点群データを活用し、速やかな災害対応、インフラ維持管理の効率化・省力化、防災力の強化を行います。また、東急電鉄も、伊豆急行のさらなる保守管理の省力化・防災力強化などのほか、静岡県をモデルとした観光誘客映像などのサービス事業の開発など、両者は3次元点群データを活用することで、新たな価値の創造を目指します。

※3次元点群データ:ドローンやレーザースキャナーを使って取得した、位置を表す座標指標と色の要素を持つ点の集合体

詳細は、以下の通りです。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507708_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

94件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World