メニューを閉じる
2020年1月30日(木)
7701 : 業務用機械器具
東証1部
JPX日経400採用

【精密機器大手】計測、医用、航空・産業機器と広範。技術力に定評。

現在値(15:00):
3,225
前日比:
+15(+0.47%)

島津製作所、X線一般撮影システム「RADspeed Pro style edition」を発売

2019/4/3 13:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月3日

顧客ニーズに合わせたシステムを構築、オプションを拡充

X線一般撮影システム「RADspeed Pro style edition」を発売

※製品画像は添付の関連資料を参照

島津製作所は、充実したオプションの活用と柔軟なシステム構築が可能なX線一般撮影システム「RADspeed Pro style edition」を4月5日に発売します。

X線一般撮影システムは、頭部、胸部、腹部、四肢など、多様な部位における画像診断検査の第一選択として外来診療や救急病棟などで幅広く活用されています。当社は、大規模病院からクリニックまで、国内外の多くの医療施設に同システムの納入実績を有しています。

新製品「RADspeed Pro style edition」は、従来の基本性能をベースに、使いやすさを追求したオプションを拡充した製品です。撮影部位に合わせてX線管保持部が上下方向に自動追従する上下連動機能で簡単に位置合わせができます。また、天井周辺のケーブルをレールと一体化するケーブルガイドによってX線管保持部の移動がスムーズになります。さらに、トレイ内のFPD(フラットパネルディテクタ)を回転させることで撮影サイズの変更を可能にするなど、多彩な機能をスタイリッシュなデザインにまとめています。

当社は、お客様のニーズに合ったDR(デジタルラジオグラフィ―)システムを当社のX線撮影装置に組み合わせて提供する「DR NEUTRAL(ディーアール ニュートラル) 2.0」というコンセプトを推進しています。自動長尺撮影や装置側への患者情報表示など、他社製DRシステムとの深い連携も可能です。

なお、当社は、4月12日から14日にパシフィコ横浜で開催される「2019国際医用画像総合展(ITEM 2019)」( https://www.med.shimadzu.co.jp/topics/jrc.html )に、X線一般撮影システムをはじめとする様々な画像診断機器を出展します。

■新製品の特長

1. 撮影スタンドや撮影テーブルに合わせてX線管保持部が自動連動

従来は天井走行式の高機能タイプのみが対応していたX線管保持部の上下連動機能が導入可能になりました。撮影スタンドや撮影テーブルの高さを調整すると、X線管保持部が自動的に追従し、ポジショニングの効率がさらに向上します。

2. 新オプションのケーブルガイド

天井レール部のケーブルは、X線管保持部の自由な移動の妨げになります。新オプションであるケーブルガイドは、ガイド内にケーブルを収納して天井レールと一体化させることで移動性を向上させると同時に、スタイリッシュな外観と整然とした検査環境を実現します。

3. FPDをセットするトレイの充実

FPDを撮影スタンドや撮影テーブルにセットする際に必要なトレイが充実しました。14インチ×17インチのFPD向けに、FPDを取り出さずに回転によって縦置き横置きの切り替えが可能なトレイがラインナップに加わったほか、17インチ×17インチの大視野FPD専用トレイも選択可能になり、用途に合わせた選択の幅が広がりました。

○名称:

X線一般撮影装置システム「RADspeed Pro style edition(ラドスピード プロ スタイル エディション)」

○価格:1,200万円~(税別、システム構成により異なる)

【製造販売認証番号】(医療用)

○221ABBZX00210000:

 据置型デジタル式汎用X線診断装置 [診断用X線装置 RADspeed Pro]

 据置型アナログ式汎用X線診断装置

 据置型デジタル式汎用X線透視診断装置

 電子管出力読取式デジタルラジオグラフ

X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506804_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

50件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World