メニューを閉じる
2019年10月19日(土)
4188 : 化学・化成品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合化学首位】エチレン生産最大。医薬も柱。電材、炭素も強い。

現在値(15:00):
825.7
前日比:
+11.5(+1.41%)

三菱ケミカルHDグループ、米アリゾナ州立大に「The Global KAITEKI Center」を開設

2019/4/3 11:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月3日

KAITEKIの実現に関する米アリゾナ州立大との共同研究について

―「The Global KAITEKI Center」開設―

株式会社三菱ケミカルホールディングス(本社:東京都千代田区、社長:越智 仁、以下「当社」)及び当社グループのシンクタンク・研究機関である株式会社地球快適化インスティテュート(本社:東京都千代田区、社長:村山 英樹、以下「TKI」)は、持続可能な社会の実現に関する研究を行うため、米国・アリゾナ州立大学(以下「ASU」)と共同で、本年4月1日に同大学内に「The Global KAITEKI Center」を開設いたしましたので、お知らせいたします。

ASUは、サステナビリティに関する概念や技術の研究に特化した世界最大規模の研究所を有し、優れた研究実績を誇る、米国内において最もイノベーティブな大学と言われています。当社グループは、ASUの優れた活動・知見を活用するために、同大学と共同で「The Global KAITEKI Center」を開設し、将来の持続可能な社会の実現に向けて解決すべき課題の特定、その課題解決に必要となる概念の確立や技術の開発を推進させるとともに、KAITEKI(※)を米国から世界へ発信するための拠点として活用します。

今後も当社グループは、持続的な社会の実現のため、人・社会・地球が抱える課題解決にむけてグループの総合力でソリューションを提案し社会に価値を提供し続けてまいります。

※ KAITEKIとは、「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていくこと」を表し、環境・社会課題の解決にとどまらず、社会そして地球の持続可能な発展に取り組むことを提案した当社グループオリジナルのコンセプトです。

【The Global KAITEKI Centerの概要】

・場所:米国 アリゾナ州立大学 Global Institute for Sustainability 内

・組織:

Governing Board

  Director;Prof.George.Stephanopoulos(ASU)

  Deputy Director;村山 英樹(TKI)

Steering Committee

  Chair;日下 晴彦(TKI)

  Co-Chair;Prof.Neal Woodbury(ASU)

・発足:2019年4月1日

・研究テーマ:

 未来社会における下記課題に向けて取り組みます。

  1.社会価値の可視化

  2.化学産業とサーキュラーエコノミー

  3.食糧問題

  4.都市問題

以上

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

28件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World