メニューを閉じる
2019年10月14日(月)
1801 : 建設・土木
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建設大手】国内建設事業に集中。不動産を縮小。非同族。

現在値(15:00):
4,075
前日比:
+95(+2.39%)

大成建設など、大口径多段拡径場所打ちコンクリート杭工法「T-EAGLE杭工法」を開発

2019/4/3 10:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月3日

大口径多段拡径場所打ちコンクリート杭工法「T-EAGLE(R)杭工法」を開発

超高層建物の建築工事で掘削土量削減、工期短縮

大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、システム計測株式会社(会長:久保豊)と共同で、杭の中間部と底部の杭径を大幅に拡大した、大口径多段拡径場所打ちコンクリート杭工法「T-EAGLE杭工法」を開発しました。

近年、都市部に建設される建物の超高層化、長スパン化に伴い建物自体が重くなるため、建物を支える杭に求められる鉛直支持力(※)も増大しています。そのため、従来は、建物の柱毎に複数の拡底杭を打設する工法や大断面の連続壁を構築する地中連壁杭工法を用いて施工していましたが、掘削残土が大量に発生し、工期が長くなるという課題がありました。

そこで、両社は、場所打ちコンクリート杭の中間部と底部の杭径を約2倍に拡大した拡径部を設けることで杭鉛直支持力の増大を可能とする、多段拡径場所打ちコンクリート杭を用いた「T-EAGLE杭工法」を開発しました。

本工法の特徴および適用範囲は以下のとおりです。

(1)杭鉛直支持力が増加

 本工法では、杭の中間に拡径部のない従来の拡底杭工法(最大径4.8m)に比べて、拡底部と同一径の中間拡径部を設けることにより、支圧面積が増加し杭1本当たりの鉛直支持力が3割増大します。また中間拡径部および拡底部の最大径を5.5mまで拡大することで、支圧面積をさらに増加させて鉛直支持力を6割以上増大させることが可能です。その結果、杭1本当たりの鉛直支持力は長期荷重で80MN以上を確保できるため、杭の施工本数削減や支持層内での杭長を短くすることが可能となります。

(2)掘削土量削減と工期短縮を実現

 同じ鉛直支持力を有する、本杭工法(拡大径5.2m)1本施工と従来の拡底杭(拡大径4.5m)2本施工する場合の試算結果を基に、掘削土量と工期を比較すると、本杭工法は従来の拡底杭工法に対して、掘削土量を3割削減でき、工期を2~3日(2割程度)短縮することが可能となります。

■「T-EAGLE杭工法」の適用範囲

*表資料は添付の関連資料を参照

また、本工法は現場施工試験により杭の施工手順ほか施工管理手法を確立し、杭の形状・寸法・品質などを確認するとともに、(一財)ベターリビングより建設技術審査証明(BL審査証明-043)を2019年1月に取得しました。

今後、当社では、都市部で計画される高さ300m級の超高層建物の基礎工事に対して、「T-EAGLE杭工法」を積極的に提案してまいります。

*参考画像は添付の関連資料を参照

※鉛直支持力:建物の自重や地震時に発生する重力方向の荷重を支える力

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506774_01.JPG

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506774_02.JPG

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506774_03.JPG

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506774_04.JPG

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

43件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World