メニューを閉じる
2019年7月18日(木)
9005 : 陸運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【東急グループ中核】グループ経営を強化。渋谷再開発に注力。

現在値(15:00):
1,962
前日比:
+18(+0.93%)

東急電鉄、自社保有車両の8両編成化による輸送力増強と新型車両3020系の導入について発表

2019/3/26 18:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年3月26日

目黒線の混雑緩和と快適性向上を実現

当社保有車両の8両編成化による輸送力増強と新型車両3020系の導入

※ロゴは添付の関連資料を参照

当社は、2022年度上期から、当社が保有する目黒線の車両を6両編成から8両編成に順次変更し、輸送力を増強することで混雑緩和を実現します。併せて、2019年秋から新型車両3020系の導入を開始し、快適性向上を推進するほか、追加される2両分のホームドア設置を進め、安全対策にも取り組みます。

1.目黒線8両編成化による輸送力増強

目黒線は2008年6月に日吉駅まで延伸し、利便性が向上したことで、多くのお客さまにご利用いただいています。今般、混雑緩和と利便性向上を目的に、2022年度上期から、当社が保有する車両を6両編成から8両編成に順次変更し、輸送力の増強を行います。当社保有の全26編成(新型車両の3編成を含む)の8両編成化は、2022年度下期(予定)の東急新横浜線開業までの完了を予定しています。

なお、目黒線の8両編成化に伴い追加される2両分のホームドアについても、8両編成車両の運行開始までに全13駅で整備を行い、ホーム上の安全対策を実施します。

2.新型車両3020系の導入と快適性の向上

目黒線の車両として、2019年秋に新型車両3020系の導入(6両3編成)を予定しています。2018年に導入された田園都市線の新型車両「2020系」や大井町線「6020系」と同様、車内には空気清浄機を設置し、座席は背もたれの高いハイバック仕様を採用することで、車内の快適性向上を図ります。また、ドア上に配置するデジタルサイネージでは、多言語案内の充実を図るとともに、ニュースや天気予報など充実した情報サービスを提供します。

なお、導入する目黒線の新型車両についても、2022年度上期から、6両編成から8両編成に順次変更し、2022年度下期(予定)の東急新横浜線開業までの完了を予定しています。

※参考画像は添付の関連資料を参照

以上

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506065_01.jpg

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506065_02.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506065_03.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506065_04.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

93件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World