メニューを閉じる
2019年7月22日(月)
6502 : 家庭用電気機器
東証2部(優先)

【重電大手】昇降機など社会インフラ中心。海外原発からは撤退。

現在値(15:00):
3,295
前日比:
+60(+1.85%)

東芝インフラシステムズ、JR西日本の新型車両「227系1000番代」向けに主電動機・デジタル伝送装置などの電気品を納入

2019/3/14 12:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年3月14日

西日本旅客鉄道株式会社新型車両向け電気品納入について

-3.3kV All-SiC素子採用の駆動システムを納入-

当社は、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)の新型車両である「227系1000番代」車両向けに、3.3kV All-SiC(シリコンカーバイド)素子を適用した車両制御装置をはじめ、主電動機、デジタル伝送装置、空調装置などの電気品を納入しました。

これらの製品を搭載した227系1000番代車両は、3月16日に和歌山線・桜井線(紀勢本線の一部を含む)で運行が開始される予定です。

車両制御装置は、2台の主電動機を駆動するVVVF(注1)インバーター装置と、空調などのサービス機器および制御機器に電源を供給する補助電源装置で構成され、JR西日本向けとしてはこれまで321系、225系等の車両向けに納入してきました。今回の227系1000番代車両では、VVVFインバーター装置の素子として、従来のSi(シリコン)に代わりSiCを用いています。

All-SiC素子は、高温での動作が可能、導通損失とスイッチング損失が少ないなどの特長があります。これらの特長を活かした制御により、システムの高効率化を実現しました。さらに主電動機には高効率、省メンテナンス、低騒音の全閉式かご形三相誘導電動機を用いています。

東芝グループは昨年11月に発表した「東芝Nextプラン」において、All-SiC素子をはじめとしたパワーエレクトロニクス領域を成長事業と位置づけています。SiC素子は鉄道システムの省エネ化及び装置の小型軽量化に貢献できることから、今後の市場拡大が期待されています。

当社は、今後も鉄道車両用の機器およびシステムの開発を進め、安全性と利便性の追求に加え、個々の鉄道事業者のコンセプトに沿った鉄道システムを展開することで、東芝Nextプランの着実な実行に努めてまいります。

注1 可変電圧可変周波数制御:Variable Voltage Variable Frequency

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505060_01.JPG

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505060_02.JPG

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505060_03.JPG

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

118件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World