メニューを閉じる
2019年7月17日(水)
6502 : 家庭用電気機器
東証2部(優先)

【重電大手】昇降機など社会インフラ中心。海外原発からは撤退。

現在値(13:45):
3,315
前日比:
-5(-0.15%)

IDC Japan、2018年第4四半期および2018年通年の国内トラディショナルPC市場実績値を発表

2019/2/25 15:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月25日

2018年第4四半期および2018年通年 国内トラディショナルPC市場実績値を発表

Japan,2019年2月25日―IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。これによると、2018年第4四半期(10月~12月)の国内トラディショナルPC出荷台数は、法人市場が前年同期比27.5%増の213万台、家庭市場は同比6.0%増の109万台、両市場合わせて同比19.3%増の322万台となりました。

2018年通年では、法人市場は前年同期比17.5%増で789万台、家庭市場は同比6.4%減の402万台、全体で同比8.2%増、1,191万台となりました。カンパニー(*1)シェアは、レノボ/NEC/富士通グループが2017年より1.3ポイントのシェアを伸ばし42.2%で1位でした。2位と3位は拮抗していますが、日本HPが2位で14.6%、Dellが13.6%で3位となっています。

法人市場では、Windows XPの延長サポート終了に向けて2013年から2014年前半に大量に購入されたPCの買い替えが起こっていること、また、2020年1月に予定されているWindows 7の延長サポート終了を見越したWindows 10への移行が本格化していることから、出荷が非常に活発になっています。インテルCPUの供給問題が国内ベンダーを中心に出荷の押し下げ要因になりましたが、それほど影響を受けていないベンダーの製品への切り替えや比較的潤沢なCPU搭載モデルの提供を強化するなどして、法人市場全体への影響は比較的小さかったとIDCではみています。家庭市場では、5四半期ぶりにプラス成長となりました。プラス成長の背景には、12月に実施されたPayPayの総額100億円のペイバックキャンペーンが、高額商品の拡販の契機付けとなりPCも恩恵を被ったこと、17年第4四半期の前年同期比が6.8%減と低調であったことなどが考えられます。

■カンパニー・ハイライト

2018年第4四半期のカンパニー別の出荷数上位5社は以下の通りです。

レノボ/NEC/富士通グループは、グループ全体で前年同期比20.8%増でした。法人市場、家庭市場共に好調で、法人市場が同比28.4%増、家庭市場が6.1%増でした。グル―プ内の各ブランド(*2)別にみると、レノボの法人市場よび家庭市場における伸びが特に目立っています。

富士通は、同グループ内で出荷数規模が最大のブランドです。法人市場で前年同期比14.9%増と、市場平均を大きく下回り、インテルCPUの供給問題の影響を受ける結果となりました。家庭市場では同比1.5%減でした。

NECは、CPU供給不足が徐々に緩和しており、法人市場が同比28.3%増と復調に向かっています。家庭市場は4.6%増でした。

レノボは、前四半期に引き続き好調で、法人市場は前年同期比50.6%増と大躍進しました。家庭市場も同比21.1%増と好調でした。

デルは、法人市場、家庭市場共に好調で、出荷数シェアで2位に浮上しました。法人市場の前年同期比は55.9%増、家庭市場は同比29.0%増でした。

日本HPも、法人市場、家庭市場共に順調で、法人市場の前年同期比は36.5%増、家庭市場は同比32.5%増でした。

シャープ東芝)(*3)は、CPU供給不足の影響で、前年同期比が17.6%増と市場平均よりかなり下回りました。家庭市場は同比28.6%減となり8四半期連続で二桁のマイナス成長を記録する結果となりました。

アップルは、法人市場と家庭市場を合わせてシェアをみると、シャープ(東芝)の背中が見えてきています。法人市場で同比2.7%減でしたが、新製品等が家庭市場向け出荷を牽引し、同比27.9%増と好調でした。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503531_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

120件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World