メニューを閉じる
2019年7月16日(火)
6502 : 家庭用電気機器
東証2部(優先)

【重電大手】昇降機など社会インフラ中心。海外原発からは撤退。

現在値(13:16):
3,310
前日比:
-80(-2.36%)

東芝、インドの水処理エンジニアリング子会社の社名を「東芝ウォーターソリューションズ」に変更

2019/2/19 15:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月19日

インドの水処理エンジニアリング子会社の社名変更について

-UEM社から東芝ウォーターソリューションズ社に-

当社の水処理エンジニアリング事業を行うインドの現地法人であるUEM社(UEM India Private Limited)は、2月12日付で社名を東芝ウォーターソリューションズ社(Toshiba Water Solutions Private Limited)に変更しました。

東芝ウォーターソリューションズ社は、公共上下水道プラントおよび産業向け水処理設備におけるEPC(注1)及びO&M(注2)事業を、インド国内に加え、北米や中米、中東、東南アジアなどグローバルに展開しています。95%以上の排水の再利用化を実現できる高効率RO(注3)膜処理によるZLD(注4)システム等の特異技術等を活用しながら石油・ガスプラントや自動車などの工場を中心に、造水処理、排水処理、再生水処理など幅広い領域をカバーしています。

当社は、2014年3月にUEM社の株式を取得して以来、相互の信頼関係構築と水処理事業拡大のためのシナジー効果の創出を図ってまいりました。今般、「東芝グループのグローバル水処理事業の中核会社」として、ブランド認知度を高めるために社名変更を行いました。

水に関わる課題として、新興国では人口増加・工業化進展に伴う水需要の増加と水環境の改善、先進国では人口減・高齢化に伴うプラント・水処理設備の効率的運用があげられます。東芝ウォーターソリューションズ社がこれまでインド国内外のプロジェクトで培ってきたEPC・O&Mの実績・ノウハウと、当社が長年日本国内の上下水道事業で培ってきた監視制御・エネルギー削減などのソリューション技術を組み合わせることで、海外事業の拡大加速とグローバルな水環境問題の解決に引き続き貢献してまいります。

■会社概要

・社名:

 東芝ウォーターソリューションズ社

 (Toshiba Water Solutions Private Limited)

・株主:(株)東芝 56.11%、東芝インフラシステムズ(株)43.89%

・代表者:松井 公一

・所在地:インド グルグラム(本社)

・拠点:アメリカ合衆国、トリニダード・トバゴ、オマーン、フィリピン

・設立年:1984年

・従業員数:660人

注1 EPC:Engineering,Procurement and Construction(設計・調達・建設)

注2 O&M:Operation and Maintenance(運用・保守)

注3 RO:Reverse Osmosis(逆浸透)

注4 ZLD:Zero Liquid Discharge(ゼロ排水)

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503055_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

119件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World