メニューを閉じる
2019年6月20日(木)
1820 : 建設・土木
東証1部
JPX日経400採用

【総合建設準大手】財務健全で土木に強み。戸田建設と業務提携。

現在値(15:00):
2,116
前日比:
+8(+0.38%)

西松建設、重機搭載型3Dスキャナを用いた「切羽掘削形状モニタリングシステム」を開発

2019/2/15 11:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月15日

重機搭載型3Dスキャナを用いた「切羽掘削形状モニタリングシステム」を開発

-切羽のあたり箇所を可視化して作業の安全性向上と効率化を図る-

西松建設株式会社(社長:高瀬伸利)と株式会社ビュープラス(東京都千代田区 社長:桑島茂純)は、山岳トンネル切羽掘削面の整形作業の安全性向上と効率化を目的とした、「切羽掘削形状モニタリングシステム」を開発しました。このシステムは、重機に搭載した高速3Dスキャナを用いて切羽の掘削形状を取得し、キャビン内のモニター上で設計断面と比較することで整形の必要箇所を15秒程度で迅速に可視化することができます。本システムにより、目視確認としての切羽直下への作業員の立入りが不要となるため、作業の安全性向上と効率化が図れます。

■背景

山岳トンネル掘削の最先端部である切羽においては、発破後に掘削設計断面線よりも内空側に残った地山を掘削する整形作業(以下、あたり取り)が行われています。これまで、あたり取りの際は作業員が切羽直下に立入り、目視にて整形が必要な箇所(以下、あたり箇所)を判断してレーザーポインター等で重機オペレータに指示を出していました(図1参照)。

しかし、切羽は地山が露出しており、岩塊の抜け落ち(肌落ち)がひとたび発生すると、死傷災害につながる可能性が高い危険な場所であり、厚生労働省からも「山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドライン」において、切羽への原則立入禁止が示されています。

そこで、当社ではあたり取り作業における安全性の向上と効率化を目的に、高速3Dスキャナを使用して切羽掘削断面を計測し、設計断面と比較することであたり箇所を迅速に可視化する『掘削形状モニタリングシステム』を開発しました(図2参照)。

■概要

本システムでは、発破・ずり出し完了後の切羽において、あたり取りを行うブレーカ等の重機に搭載した高速3Dスキャナで切羽の掘削形状を計測します(図3参照)。掘削形状の点群データと設計断面を比較し、設計断面線よりも内空側に残ったあたり箇所を重機キャビン内のモニターにヒートマップ表示(図4、図5参照)させることにより、重機のオペレータが容易にあたり箇所を確認することができます。重機のオペレータは運転席モニター画面のヒートマップ表示を基にあたり作業を行うため、従来のように作業員が切羽直下に立入り、目視にてあたり箇所を確認する必要がありません。

高速3Dスキャナが、任意に配置した後方の特殊基準球(図6)を自動で探索することで、トータルステーションとの連動が不要となり計測時間を大幅に短縮しています。運転席モニター画面から計測開始の指令を出して、結果が表示されるまで15秒程度であり、掘削サイクルに影響を与えることなく、効率的なあたり作業を実現します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502726_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

13件中 1 - 13件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World