メニューを閉じる
2019年12月6日(金)
本社住所 〒 160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1

損保ジャパン日本興亜とナビタイムジャパン、「車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード」に関する実証実験を実施

2019/2/12 14:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月12日

「車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード」

に関する実証実験の実施

損害保険ジャパン日本興亜株式会社(代表取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)および株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、以下「ナビタイムジャパン」)は、車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード(以下「車載ディスプレイ用PSR」)に関する実証実験を2019年2月から共同で実施します。

1.背景

損保ジャパン日本興亜は、安全運転を支援する個人向けテレマティクスサービスとして、スマートフォン用カーナビアプリ『ポータブルスマイリングロード』(以下「PSR」)をご提供しています。また、保険や各種サービス展開などの幅広い事業活動を通じて、お客さまの「安心・安全・健康」に資する最高品質のサービスをご提供し、社会に貢献することをグループ経営理念として掲げています。

ナビタイムジャパンは、PSRの開発においてカーナビゲーション機能等の技術を提供しています。また、さまざまなプラットフォームでの技術的支援を通じて、利用者が安心・安全に移動できる環境づくりに取り組んでいます。

近年、グローバル市場においてコネクティッドカーや自動運転車の開発が進むなか、両社は、将来のモビリティに求められる姿を目指し、お客さまの運転品質の向上や運転中の安心・安全を実現するため、スマートフォンと自動車を連携させるスマートデバイスリンク(※1)(以下「SDL」)を使った車載ディスプレイ用PSRを開発しました。

損保ジャパン日本興亜はSOMPOホールディングスグループのデジタル戦略を推進するSOMPO Digital Labと連携し、未来志向のモビリティ戦略に基づいた「実証実験立案」および「受容性調査」を担い、また、ナビタイムジャパンは「SDL対応の車載ディスプレイ用PSRアプリの開発」を担い、共同でPSRに関する実証実験を実施します。

※1スマートデバイスリンク(SDL)

 業界標準の車載コネクト用オープンソースです。SDLは、スマートフォンアプリを車載ディスプレイに表示するためのOEM、サプライヤーおよびアプリケーション開発者向けの開発ツールを提供します。自動車メーカーやサプライヤーが、SDLを採用することで、運転中の顧客体験を向上させることが可能となります。また、SDLはOEM、サプライヤー、およびアプリケーション開発者で構成されるオープンソースコミュニティであるスマートデバイスリンクコンソーシアム(SDLC)によって運営され、主な目的はSDLを車載アプリケーションの業界標準にすることです。詳細は https://smartdevicelink.com/ をご覧ください。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502383_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

37件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
  • QUICK Money World