メニューを閉じる
2019年11月12日(火)
9202 : 空運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【航空大手】国内線、アジア近距離路線に強み。国際線を拡大。

現在値(12:44):
3,746
前日比:
-13(-0.35%)

ANAホールディングス、ボーイング737 MAX 8型機30機・エアバスA320neo型機18機の発注を決定

2019/1/29 17:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月29日

小型機2機種計48機の発注を決定

~日本で初めて導入するボーイング737 MAX 8型機を30機と、エアバスA320neo型機を18機発注します~

ANAホールディングス株式会社(代表取締役社長:片野坂 真哉、以下「ANAHD」)は、本日2019年1月29日に開催した取締役会において、ボーイング737 MAX 8型機30機ならびに、エアバスA320neo型機18機の合計48機の発注を決定いたしました。両機材の納入は2021年度から2025年度を予定しています。

現在、アジア・新興国の経済成長などを背景とした航空需要の拡大や旺盛な訪日需要など、ANAグループが大きく成長するビジネスチャンスを迎えています。2020年度以降のANAグループを取り巻く事業環境を見据え、ANAHDとPeach Aviation株式会社(代表取締役CEO:井上 慎一、以下「Peach」)がそれぞれ自社の戦略に基づき選択した、成長の基盤となる競争力のある最新鋭機材を積極的に導入することといたしました。

日本の航空会社として初めて導入するボーイング737 MAX 8型機は、従来機と比べてさらに開放感が高まり、機内空間の快適性が向上しているほか、約15%の燃費改善が見込まれるなどの優れた経済性を有しており、国内線で運航中のボーイング737NGシリーズの後継機として、30機(確定20機、オプション10機)を新規発注いたします。

ANA国際線で運航しているエアバスA320neo型機は優れた燃費効率や長い航続性能を有しており、ANAグループのLCC事業を担うPeachの成長を支える主力機材として、今般18機(確定18機)を追加発注いたします。

ANAグループは経営の基盤である安全を堅持し、お客様の視点に立った品質・サービスの向上に努めるとともに、成長戦略を着実に実行すべく積極的に機材への投資を進めてまいります。

【ボーイング 737 MAX 8 型機、エアバス A320neo 型機の詳細データ】

■ボーイング 737 MAX 8 型機

・全長:39.5m

・全高:12.3m

・全幅:35.9m

・航続距離:6,570km

■エアバス A320neo 型機

・全長:37.6m

・全高:11.8m

・全幅:35.8m

・航続距離:6,300km

以上

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

31件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World