メニューを閉じる
2019年12月11日(水)
9692 : システム・ソフトウエア
東証1部

【ソフト開発】富士通グループ向けが多い。組み込み系に強み。

現在値(12:33):
2,183
前日比:
-102(-4.46%)

シーイーシー、セキュリティ脅威から工場の生産ラインを防御する「ICS Defender」を提供開始

2019/1/16 13:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月16日

セキュリティ脅威から、工場の生産ラインを防御する「ICS Defender(TM)」を提供開始

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原 富士夫、以下 シーイーシー)は、工場セキュリティソリューション「SecureCross(TM) Factory」(※1)のラインアップとして、生産ラインの制御機器・システムをセキュリティ脅威から守る「ICS Defender(TM)」を2月から提供開始します。

「ICS Defender」は、セキュリティ監視を加えたサイバー攻撃へのセキュリティ対策を実現しつつ、工場の重要な制御システムの遅延・停止を防ぎます。稼動する生産ラインに負荷をかけず不審な通信を監視するネットワークセンシングと、設備の稼動監視・実績管理システム「Facteye(R)」(※2)との連携により、制御機器への不正なアクセス情報を一元的に収集し、セキュリティ脅威の早期発見・対策につなげます。

■主な特長

1.工場内IoTに有効なサイバー攻撃対策

・ネットワークセンサーによる「不正通信の検知・可視化」

 トレンドマイクロ社のネットワークセンシング技術活用により、標的型攻撃などの兆候を早期に検知します。

・「Facteye」との連携による「不正アクセスの検知・可視化」

 制御機器からリアルタイムに取得したデータをもとに、不正プログラム(加工プログラムの改変/パラメーターの改ざん/不作為による改変/不正操作のチェックなど)による制御機器の異常を検知します。

・ネットワーク機器連携による異常検知時の「防御」

 マルウェア感染などの脅威を検知した際、当該機器をネットワークから遮断します。

2.工場のOT(Operational Technology)(※3)に不可欠なセキュリティ監視を提供

・セキュリティ監視からインシデント対応支援まで包括的にサービス提供

24時間365日のセキュリティ監視サービス「CEC SOC(R)」により、工場への通報やインシデント対応を支援します。

■販売目標

「Facteye」導入済みのお客様をはじめ、2020年までに国内150社への販売を目標とします。

■提供形態

*添付の関連資料を参照

■製品URL

https://security.cec-ltd.co.jp/securecross_factory/ics_defender/

*以下は添付リリースを参照

*参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

提供形態

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0500108_01.JPG

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0500108_03.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0500108_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

13件中 1 - 13件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World