メニューを閉じる
2019年11月18日(月)
9424 : 通信サービス
東証1部

【データ通信サービス】通信回線を借り受け付加サービスを提供。

現在値(9:35):
197
前日比:
+2(+1.03%)

日本通信、国際セキュリティ基準「PCI DSS」認定を取得

2018/12/17 11:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月17日

日本通信、国際セキュリティ基準「PCI DSS」認定を取得

-安全・安心な通信環境で大きな価値獲得-

日本通信株式会社(以下、「当社」という)は、無線専用線の主要システム全てにおいて、クレジットカード業界の国際セキュリティ基準「PCI DSS Ver.3.2(Payment Card Industry Data Security Standard)」に完全準拠し、QSA(Qualified Security Assessor:認定セキュリティ評価機関)による審査を得て正式認定を取得しました。

PCI DSSは、JCB・American Express・Discover・MasterCard・VISAの世界大手カードブランド5社が共通で採用するクレジットカード業界の国際セキュリティ基準です。PCI DSSの認定には、技術的なセキュリティ要件を満たすことはもちろん、認定を維持するために継続的な四半期ごとの検査が

必須であり、極めて厳しい規則厳守が求められています。

この度の「PCI DSS」認定は、当社の今後の成長の柱となる安全・安心な通信の提供に向けた、以下、取り組みの一環として取得したものです。

1.クレジットカード向けソリューションを強化

 当社の非対面クレジットカード決済用システムは、2018年12月11日に公表のとおり(詳しくは、「日本通信、携帯電話の通信障害安心サービスを新発売」をご参照ください)、GMOペイメントゲートウェイ加盟店、SMBCファイナンスサービス加盟店、三菱UFJニコス加盟店などに採用されております。これらの決済用システムに対して、セキュリティ基盤となるネットワークに重要な影響を与えるものであり、クレジットカード業界向けソリューションの展開を強化するものです。

2.FPoSの商用化に向けた大きなステップ

 当社では、2018年11月29日に公表のとおり、FinTech プラットフォーム(FPoS(エフポス)(Fintech Platform over SIM))の商用化に向けた準備を進めております(詳しくは、「日本通信、安全・安心なFinTechプラットフォーム事業を運営する子会社を設立( https://www.j-com.co.jp/ir/pdf/press_181129.pdf )」をご参照ください)。FPoSは金融取引のコアとなるプラットフォームのため、PCI DSS認定の安全なネットワークは、FPoSをスマートフォンにおける世界で最も安全・安心なFinTechプラットフォームとして構築・展開する上で、大きなステップとなります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498283_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

18件中 1 - 18件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World