メニューを閉じる
2019年6月24日(月)
1802 : 建設・土木
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建設大手】関西地盤で土木に強み。北米とアジアでも展開。

現在値(15:00):
1,054
前日比:
+6(+0.57%)

KDDI・大林組・NEC、「5G」を活用し建機の遠隔操作による連携作業に成功

2018/12/14 14:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月14日

KDDI大林組NEC「5G」を活用し、建機の遠隔操作による連携作業に成功

~災害時における社会インフラの迅速かつ安全な復旧対応を実現~

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)、株式会社大林組(本社:東京都港区、代表取締役社長:蓮輪 賢治、以下 大林組)、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長兼CEO:新野 隆、以下 NEC)は、2018年12月3日から2018年12月14日まで大阪府茨木市にて建設中の安威川ダムの施工エリアの一部を使用して、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G)を活用し、2台の建設機械(以下 建機)を遠隔操作により連携させる作業(以下 本実証試験)を実施し、成功しました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

災害時において、社会インフラの迅速な復旧が急務である一方、土砂崩れなどの2次災害のリスクがあるため、作業現場の安全を確保する観点から建機を遠隔で操作する遠隔操作システムの活用が期待されています。しかし、従来のWi-Fi等を活用した遠隔操作においては建機の操作に対して映像のずれを感じるため、搭乗操作に比べてオペレーターの疲労度が高く、作業効率が低下する課題がありました。特に、2台の建機を連携させて作業する場合では、建機同士の距離感をつかみ、搭乗操作と同等の操作性を実現するために、遠隔操作と映像のずれを最小化することが不可欠となります。

本実証試験では、5Gの高速、大容量および低遅延通信の特長を活用し、2台の異なる建機(バックホーとクローラーダンプ)を遠隔操作により連携させ、土砂を運搬することに成功しました。各建機には、前方に2Kカメラを3台、全天球カメラを1台搭載し、計8台のカメラ映像と音声情報を5Gでリアルタイムに伝送することで、搭乗操作と同等の操作性を提供できることを確認しました。

また、災害時に光回線を使用できない場合を想定し、5G基地局と遠隔操作室の間(約750m)を無線エントランス(注1)で接続し、5Gのバックホール通信としての活用に加え、4台の俯瞰カメラの映像を伝送しました。加えて、車載型の5G基地局を導入し、移動式のトレーラーハウス内に遠隔操作室を構築することで、災害現場においても短時間で遠隔操作の環境が構築可能となり、復旧活動を迅速かつ安全に進められることを実証しました。

さらに、国内で初めて対話型の音声制御システムをICT施工の現場に導入し、音声のみで5Gを搭載した建機を遠隔操作することに成功しました。これにより、一人のオペレーターで2台の建機を同時に操作することが可能となり、熟練した建設従事者の不足を補い、さらなる作業効率の向上に寄与できることを実証しました。

KDDI、大林組、NECは、2018年2月に国内で初めて5Gと4K3Dモニターを活用した遠隔施工の実証試験に成功しており(注2)、多様な実証試験を通じて、5Gを活用した高度な建設技術の実現を目指します。

なお、本実証試験は、2018年度 総務省の5G総合実証試験(注3)の一環として実施しています。

■(参考)各社の役割

1.KDDI

・5G総合実証試験の推進

2.大林組

・建機の遠隔操作システムの開発、試験

3.NEC

・28GHz超多素子アンテナを用いた通信機器の開発、試験

・80GHz帯高速無線伝送システムiPASOLINK EX Advancedの提供

以上

(注1)10Gbps伝送を実現する80GHz帯高速無線伝送システム「iPASOLINK EX Advanced」

(注2)KDDI、大林組、NEC 国内初!「5G」、4K3Dモニターを活用した建機の遠隔施工に成功

http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/02/15/2962.html

(注3)2018年度 総務省の5G総合実証試験を推進

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/09/14/3384.html

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498208_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

17件中 1 - 17件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World