メニューを閉じる
2019年10月23日(水)
4188 : 化学・化成品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合化学首位】エチレン生産最大。医薬も柱。電材、炭素も強い。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

三菱ケミカルHD、中期経営計画「APTSIS 20」の目標値見直しについて発表

2018/12/4 14:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年12月4日

中期経営計画「APTSIS 20」の目標値見直しについて

当社は、2015年12月9日に公表しました2016年度を初年度とする5か年の中期経営計画「APTSIS 20」において2020年度の財務指標目標値を掲げていますが、この度、以下のとおり見直すことを決定しましたのでお知らせいたします。

1.見直しの背景

当社は、「APTSIS 20」において、機能商品、素材、ヘルスケア分野の事業を通じて高成長・高収益型の企業グループをめざすという基本方針のもと、(1)ポートフォリオ・マネジメント強化による収益基盤の強化・拡大、(2)化学系3事業会社統合による早期の統合効果実現、(3)次世代テーマの早期事業化、(4)グローバル展開の加速、を主要施策として事業を展開してきました。

この度、2018年度までの計画の進捗を踏まえ、上記施策の加速による機能商品セグメントを中心とする成長や統合効果のさらなる発現、ケミカルズセグメントにおける市況の下振れリスク、産業ガスセグメントにおいて行ったM&A等を考慮し、最終年度である2020年度の財務指標目標値を見直すこととしました。

2.見直しの内容

2020年度の財務指標目標値を以下のとおり見直します。

*表資料は添付の関連資料を参照

※ご参考

 中期経営計画「APTSIS 20」の説明資料につきましては、当社ホームページにて公開しております。

 アドレス http://www.mitsubishichem-hd.co.jp/ir/library/analysts_meeting.html

本資料における見通しは、現時点で入手可能な情報により当社が判断したものです。実際の業績は様々なリスク要因や不確実な要素により、業績予想と大きく異なる可能性があります。当社グループは情報電子関連製品、機能化学製品、樹脂加工品、医薬品、炭素・無機製品、産業ガス、石化製品等、非常に多岐に亘る事業を行っており、その業績は国内外の需要、為替、ナフサ・原油等の原燃料価格や調達数量、製品市況の動向、技術革新のスピード、薬価改定、製造物責任、訴訟、法規制等によって影響を受ける可能性があります。但し、業績に影響を及ぼす要素はこれらに限定されるものではありません。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497306_01.JPG

表資料(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497306_02.JPG

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

28件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World