メニューを閉じる
2019年6月17日(月)
8035 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造装置最大手】半導体・液晶向けが主力。米企業と統合撤回。

現在値(15:00):
14,630
前日比:
-280(-1.88%)

東京エレクトロン、ドライエッチング装置「Impressio3300 PICP」を発売

2018/10/16 15:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年10月16日

高精細フラットパネルディスプレイ向け第10.5世代ドライエッチング装置Impressio3300 PICP(TM)販売開始のお知らせ

東京エレクトロン(TEL、東京都港区、社長:河合利樹)は、高精細プロセス向け高密度プラズマ源を搭載し、今回新たに第10.5世代(2,940mm×3,370mm)ガラス基板に対応可能とした、ドライエッチング装置「Impressio3300 PICP(TM)」の販売を開始したことをお知らせいたします。

フラットパネルディスプレイ業界では、8K解像度のテレビが製品化されるなど、大型液晶ディスプレイにおいても高精細化が進んでいます。また、高画質化への要求から有機ELを採用したディスプレイ製品も増加しています。それらのディスプレイの駆動回路には、酸化物半導体の採用が進んでいます。酸化物半導体の製造プロセスでは、従来の大型パネルで一般的なアモルファスシリコンよりも高い加工精度や生産性が求められることから、ドライエッチング装置においてもエッチングレートや面内均一性、歩留り向上への要求が高まっています。

PICP(TM)は、酸化物半導体のような高度な技術ニーズに応えるべく、画期的なコンセプトに基づきTELが独自開発した高密度プラズマ源を搭載したエッチングモジュールです。PICPは従来のICP-duoと比べ、プラズマのエネルギー効率は20%向上し、生産性・加工均一性の大幅な向上、ランニングコストを低減します。今回開発した「Impressio3300 PICP」は10.5世代としては初めてPICPを搭載し、高精細液晶ディスプレイ、有機ELディスプレイの生産に対応した画期的なドライエッチング装置です。

東京エレクトロン FPD BUGM(*1)石田寛は、「Impressio3300 PICPは、中小型の超高精細パネルの製造において実績があるPICPを搭載した、高精細、高画質の大型パネル向けに開発された装置です。最先端プロセスにおける加工均一性の大幅な向上に加え、低消費電力化による生産性改善を図り、引き続きお客さまのニーズに貢献します」と述べています。

TELは、今後も市場のニーズに基づく効果的なテクノロジーと革新的なソリューションを提供してまいります。

*1 BUGM:Business Unit General Manager

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493278_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

15件中 1 - 15件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World