メニューを閉じる
2019年11月14日(木)
9202 : 空運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【航空大手】国内線、アジア近距離路線に強み。国際線を拡大。

現在値(15:00):
3,723
前日比:
-33(-0.88%)

ANAホールディングス、「ANAホールディングスグリーンボンド」を発行

2018/9/28 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月28日

エアラインで世界初のグリーンボンド「ANAホールディングスグリーンボンド」を発行いたします

ANA ホールディングス株式会社(以下、当社)は、東京都大田区に建設中の訓練施設「総合トレーニングセンター(仮称)」の建設資金を使途とする公募形式のグリーンボンド(※1)(ANA ホールディングスグリーンボンド:発行年限 10 年、発行額 100 億円)を本年 10 月頃に発行(以下、本発行)する予定であり、本日 9 月 28 日に、本発行に向けた社債の訂正発行登録書を関東財務局長に提出致しましたのでお知らせします。エアラインによるグリーンボンドの発行は世界初となります。

※1 企業や地方自治体等が、国内外のグリーンプロジェクトに要する資金を調達するために発行する債券

【本発行の目的及び背景】

当社グループは、持続的な成長と価値創造に向け、ESG(※2)経営を中核に据えた「2018-2022 年度ANA グループ中期経営戦略」を本年 2 月に策定しました。本戦略期間における経営の重要課題(マテリアリティ)として、「環境」「人権」「ダイバーシティ&インクルージョン」「地域創生」の 4 項目を掲げており、これらに適切に対応することで、「社会的価値」と「経済的価値」を同時に創出し、企業価値の向上を図る方針です。

ESG に配慮した事業活動に対する社会からの要請が高まる中、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献していくことは、グローバルに事業を展開する当社グループにとっての責務と捉えています。ANA は、環境への取り組みと社会的責任を重視する企業姿勢が評価され、2008 年には、環境大臣から運輸業界・航空業界として第一号の「エコ・ファースト企業」に認定されておりますが、今後も ESG への積極的な取り組みを幅広いステークホルダーの皆様に認知頂くべく、世界的な基準に則る「グリーンボンド」を発行することに致しました。

「総合トレーニングセンター(仮称)」には、将来の航空需要の増加等に備えて、世界最新鋭の設備を導入する予定です。本施設での訓練等を通じて、経営の基盤である「安全」の堅持と、品質・サービスの源泉となる「人財」の育成に取り組みます。これらを基礎として、ボーイング 787 型機やエアバスA320neo/A321neo 型機を中心に、省燃費機材の積極導入を継続することで、世界の「環境リーディング・エアライングループ」を目指します。

※2 Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字を合わせた言葉

【総合トレーニングセンター(仮称)完成イメージ】(※3)

*添付の関連資料を参照

※3 詳細は 2017 年 5 月 17 日付のプレスリリース(第 17-013 号)参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

総合トレーニングセンター(仮称)完成イメージ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491847_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491847_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

31件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World