メニューを閉じる
2019年10月23日(水)
1801 : 建設・土木
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建設大手】国内建設事業に集中。不動産を縮小。非同族。

現在値(15:00):
4,240
前日比:
+45(+1.07%)

大成建設、下構造物の3次元数値解析モデルを高速自動作成できる解析手法を構築・運用開始

2018/9/25 13:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月25日

地下構造物の3次元数値解析モデルを高速自動作成

解析業務の大幅な効率化・省力化により、設計・施工を合理化

大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、複雑な構造を有する地下構造物の設計・施工に必要となる3次元数値解析モデルの作成時間を従来の1/10程度まで高速化して自動作成できる解析手法を構築し、運用を開始しました。これにより、短期間で地下構造物の複雑な構造の把握とその施工手順を反映した合理的な設計・施工が可能となります。

地下に構築されるトンネルや駅舎などの建設工事では、事前の地質調査が困難な場合に、施工中の地質観察、ボーリング等による前方地質探査、地盤掘削で生じる僅かな変形などの情報をもとに、地盤挙動や構造物の変形を解析して設計・施工を行います。特に、複雑な構造を有する地下施設の詳細検討には、施工に伴う構造物の状態や周辺建物、地盤への影響を把握する必要があり、地下施設の構造や地層構造、施工手順を忠実に再現した3次元数値解析モデルの活用が最適です。しかし、従来の手法では、モデル作成に多大な時間とコストを要し、また構造物構築時の施工手順を反映したモデル作成は困難といった課題があり、新しい手法構築が求められていました。

そこで、当社は、3次元CADソフトと自動メッシュ作成機能を持つソフトを組合せ、従来の1/10程度の時間で3次元数値解析モデルを高速に自動作成させ、さらに地下施設の構造や地層構造を忠実に再現し、施工手順を反映した詳細な解析モデルを作成する手法を構築しました(図-1参照)。これにより、解析に係る業務の大幅な効率化と省力化が可能となり、工程短縮、コスト低減につながることから設計・施工の合理化を図ることができます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0491308_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

44件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World