メニューを閉じる
2020年1月22日(水)
3857 : システム・ソフトウエア
JQス

【ソフト開発】情報機器販売やセキュリティー関連技術に強み。

現在値(15:00):
1,178
前日比:
-22(-1.83%)

ラック、「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を提供開始

2018/8/24 11:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月24日

ラック、「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を提供開始

~産業制御システム特有のセキュリティリスクを総合評価し、工場の安全に貢献~

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下ラック)は、工場におけるネットワーク化された制御系システムに対し、サイバーセキュリティリスクを総合評価する「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を本日より提供開始します。

これにより、お客様は不正アクセスやウイルス感染等による機器の誤動作や工場の稼働停止など産業制御システム特有のセキュリティリスクに最適な対策を講じることができ、ネットワーク化された工場の安全に貢献します。

これまで、工場の生産ライン等で活用されている産業制御システムは、「インターネットに接続していないから安全」とされ、一般のネットワーク技術が幅広く利用されてきました。過去、オフィスも閉鎖された環境にありサイバー攻撃から無縁とされてきましたが、IT活用の深化にあわせて数々の事件も発生し、サイバーセキュリティ対策が必須となりました。

工場においても、IoTやIIoT(Industrial Internet of Things)などを活用した生産性や品質の向上がグローバル競争に勝ち残るため不可欠となっています。しかしながら過去のオフィスと同様に、完全閉鎖ネットワークであることを前提に設計・運用が行われた産業制御システム等のセキュリティ対策は十分ではありません。実際にラックの調査では、工場の管理部門が把握していない裏口や、必要な時だけ形成される経路の存在を確認しています。このような状況は「完全閉鎖ネットワーク」ではなくなっていることの証しであり、放置すると不正アクセスやウイルス感染等による機器の一時的な誤動作を引き起こすだけでなく、場合によっては工場が長期にわたり稼働停止することにもなりかねません。

ラックはこのような状況を踏まえ、従来個別に対応してきた産業制御システムに対するセキュリティサービスを「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」としてメニュー化し、存在する特有のリスクや潜在的に存在するリスクを独自に調査・評価します。

リスクアセスメントには、この分野で先行する米国の標準であるNIST Cyber Security Framework、国際標準 IEC62443等の考え方を踏まえつつも、日本の製造現場に適したラックで制定した独自フレームワーク「LAC-ICSSS(Industrial Control System Security Standard)」を用います。これには、ラックのセキュリティ監視サービス「JSOC(R)」やセキュリティ事故に即応する「サイバー救急センター(R)」などで長年にわたり培ってきた知見や、ラックの研究開発部門「サイバー・グリッド・ジャパン」で調査している動機・手口などの脅威情報(スレットインテリジェンス)を活かしています。

産業制御システムの防御に際しては、決定的に重要な箇所(クリティカルポイント)が何点か存在します。このような箇所に潜在するセキュリティリスクについては、実際の機器も調査して把握します。

また、ビジネスへの影響を脅威シナリオごとに評価・検討するため、お客様はビジネスリスクの深刻度にあわせ、優先順位を加味してどのような対策を行うべきかなどを判断することができます。

本サービスは、製造業における産業制御システムのみならず、その他のプラント、発電所、交通制御等の社会インフラを支える制御システムも対象にしています。

今後もラックは、時代の変化を俯瞰するとともに社会の課題を的確に捉え、お客様の効果的なセキュリティ対策が施されたデジタルトランスフォーメーションを支援してまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0488528_01.pdf

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World