メニューを閉じる
2019年7月19日(金)
4217 : 化学・化成品
東証1部
JPX日経400採用

【樹脂加工メーカー】日立系。半導体・液晶関連材料に強み。

現在値(15:00):
2,941
前日比:
-64(-2.13%)

日立化成、ディスプレイの広色域化を実現する量子ドットフィルムがVIZIO社新型4Kテレビで採用

2018/8/6 11:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年8月6日

ディスプレイの広色域化を実現する量子ドットフィルムの

VIZIO社新型4Kテレビでの採用について

日立化成株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:丸山 寿、以下、日立化成)は、液晶ディスプレイの広色域化(*1)を実現する当社の量子ドット(*2)フィルムが、米国の液晶ディスプレイメーカーVIZIO,Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:William Wang、以下、VIZIO社)の新型量子ドット4Kテレビ「PSeries Quantum65(2018年7月発売)に採用されましたので、お知らせいたします。今回採用された量子ドットフィルムは、欧州連合のRoHS(*3)指令に適合した、環境負荷を低減した製品です。

※参考画像は添付の関連資料を参照

*1 色域とは表すことができる色の範囲のことで、広色域化はその範囲を広げることを意味します。液晶ディスプレイが広色域化すると、より色鮮やかな画像を表示することができます。

*2 量子ドットとは半導体微結晶で構成される、数nm~10数nm程度の粒子で、成分やサイズを制御することで、光の波長を自在に調整することが可能です。

*3 RoHS(Restriction of Hazardous Substances)指令とは、電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限する、欧州連合による指令です。今回採用された日立化成の量子ドットフィルムは、樹脂層のカドミニウム(Cd)の含有量がRoHS指令の閾値である100ppm以下となっており、RoHS指令に適合した製品です。

2012年に高精細テレビ向けの新しい色域規格、BT.2020(*4)が国際電機通信連合(ITU)によって制定され、液晶ディスプレイメーカー各社は、この規格に対応できる、より広色域のディスプレイの開発を進めています。従来の液晶ディスプレイで広色域化を実現するためには、ディスプレイの色を作り出しているカラーフィルターをより色鮮やかなものに改良する必要がありますが、それにより液晶ディスプレイの表面輝度(明るさ)は低下してしまいます。表面輝度が低下すると、バックライトをより明るくする必要があるため、液晶ディスプレイの消費電力が増えてしまうという課題がありました。

*4 これまでのハイビジョンテレビではBT.709という規格が採用されており、その色域は自然界に存在する物体の色の約7割にとどまっていました。一方、BT.2020は、自然界に存在する物体の色のほぼ全てを表すことができる色域のため、BT.709よりも表現できる色の範囲が格段に広がっています。

そこで日立化成は、消費電力を増やすことなく、液晶ディスプレイの広色域化を実現する、量子ドットフィルムを開発し、2017年2月より量産・販売を開始しており、このたびVIZIO社が発売する新型量子ドットテレビ「P-Series Quantum 65」に採用されました。今回採用された量子ドットフィルムは、欧州連合のRoHS 指令に適合した、環境負荷を低減した製品です。当社の量子ドットフィルムを用いることで、「P-Series Quantum 65」は、色域規格のBT.2020を80%(VIZIO 社従来品比で12.5%増)達成し、より色鮮やかな画像の表示を実現しています。

日立化成は、今後も、アジア地域や、北米地域等グローバル市場で量子ドットフィルムの拡販を進め、シェアの拡大を図ります。

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0487111_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

31件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World