メニューを閉じる
2019年12月8日(日)
9692 : システム・ソフトウエア
東証1部

【ソフト開発】富士通グループ向けが多い。組み込み系に強み。

現在値(15:00):
2,264
前日比:
-15(-0.66%)

シーイーシー、入出荷を効率化する物流ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」を提供開始

2018/7/30 16:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月30日

トラック待機時間解消と入出荷効率化で、時短・生産性向上を支援

物流 ICTソリューション「LogiPull(TM)」を提供開始

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田原富士夫、以下 シーイーシー)は、トラックドライバーの待機時間を解消し、入出荷を効率化する物流ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」を2018年9月より提供開始します。

■背景

近年、貨物の増加や多様化、ドライバー不足などを背景に、トラックドライバー待機の長時間化や入出荷作業員の稼働負荷増大、荷待ちトラックによる渋滞の発生、過積載など様々な問題がクローズアップされており、荷待ち時間対策法令の強化や補助金制度の創設など、問題解決に向けての機運が高まっています。

シーイーシーは、従来提供している車両認識サービス(ETC2.0対応クラウド型車両認識サービス「CaoThrough(TM)」)で得たノウハウをベースに、物流現場の課題を解決するソリューションを開発し、このたびLogiPullとして提供します。

■「LogiPull」の概要

LogiPullは、工場や物流拠点のトラック積降に関わる「バース予約管理」、「車両入退管理」、「車両誘導」「バース実績管理」の4つのシステムからなる物流ICTソリューションです。

*図1は添付の関連資料を参照

<主な特長>

●4つのシステムが連携し、構内物流の車両の流れを"計画"から"実績"まで一元管理できます。

●それぞれのシステムを個別導入でき、費用に応じた組み合わせや段階的な導入が可能です。

●本システムはクラウド環境を活用することで、スムーズな導入が可能です。

●車両管理の自動化や精緻な情報収集のために、お客様の課題に合わせて、ETCをはじめ様々なデバイス(カメラ、バーゲート、満空センサー、電光掲示板など)を活用した提案が可能です。

*図2は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

※CaoThrough(TM)は古野電気株式会社の登録商標です。

※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標または登録商標です。

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486507_01.JPG

図2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486507_02.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486507_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

13件中 1 - 13件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World