メニューを閉じる
2019年10月16日(水)
2931 : バイオ・医薬品関連
東証1部

【ミドリムシ栽培】健康食品と化粧品主力。ジェット燃料は開発中。

現在値(15:00):
860
前日比:
+1(+0.12%)

日本ユニシスとユーグレナ、バイオ燃料用ミドリムシの生産量予測研究を開始

2018/7/26 14:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年7月26日

日本ユニシスとユーグレナ社、「IoTビジネスプラットフォーム」と「Rinza(R)」のAI技術を活用したバイオ燃料用ミドリムシの生産量予測研究を開始

~ミドリムシの生産管理とコスト削減を目的とした導入によりセンシング基盤構築や増殖シミュレーションモデル構築を目指す~

日本ユニシスとユーグレナ社は、「IoTビジネスプラットフォーム」と「Rinza(注1)」のAI技術を活用して、バイオ燃料用ミドリムシの生産量予測などを行う共同研究を、2018年8月1日より開始します。

本研究では、ユーグレナ社の研究施設である三重県多気町の藻類エネルギー研究所にて、バイオ燃料用ミドリムシの生産量の安定化や屋外大量培養における管理コスト削減を目的とした実証実験を行いながら、生産管理のためのセンシング基盤構築、および天候など変化する環境要因に連動した生産量予測のための増殖シミュレーションモデル構築を目指します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

【背景】

昨今、いかにエネルギーを多様化し安定的に確保していくかが社会課題となっており、持続的再生可能エネルギー源としてバイオ燃料に注目が集まっています。しかしながら、サトウキビやトウモロコシ、パームなど従来のバイオ燃料の原料は、食料と競合するために食料価値の高騰を招くなどの問題点がありました。

ユーグレナ社が研究を進めるミドリムシ(学名:ユーグレナ)(注2)などの藻類は、これらの問題を克服できる可能性があり、新しいバイオ燃料の原料として注目されています。今後、安定かつ低コストで大量培養できる方法を確立させることが大きな課題であり、そのためには、天候などに左右されやすい屋外培養における生産管理と生産予測を実現することが重要となります。

【概要】

日本ユニシスでは、ユーグレナ社がバイオ燃料用ミドリムシを屋外で大量培養するための課題となる、生産管理と生産量予測について、「IoTビジネスプラットフォーム」と「Rinza」のAI技術を活用した方法で支援します。

*以下は添付リリースを参照

以上

※Rinzaは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486217_02.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0486217_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

22件中 1 - 22件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World