メニューを閉じる
2019年12月16日(月)
2303 : システム・ソフトウエア
JQス

【GISソフト開発】地理情報配信サービスなどにも事業展開。

現在値(15:00):
1,551
前日比:
-118(-7.07%)

東北大、災害救助犬による人の捜索を遠隔モニタリングするタフなサイバー救助犬スーツを開発

2018/5/30 14:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月30日

災害救助犬による人の捜索を遠隔モニタリングする

タフなサイバー救助犬スーツの開発

東北大学では、人とロボット技術と救助犬を融合した新しい被災者捜索方法としてサイバー救助犬の研究に取り組んでいます。このたび、悪天候や災害などの過酷な現場で利用可能なタフなサイバー救助犬スーツを東北大学と古野電気株式会社で共同開発しました。

現場に行く部隊の装備を目指し、15kg以上の中型・大型犬が装着することができ、オレンジ色と再帰反射素材で視認性と高め、防水性能を高めたタフなサイバー救助犬スーツを開発しました(図1)(表1)。東京国際消防防災展2018(5月31日~6月3日、東京ビッグサイト)でタフなサイバー救助犬スーツを展示いたします。

※図1・表1は添付の関連資料を参照

サイバー救助犬とは、Global Navigation Satellite System (GNSS)、慣性センサ、カメラ、マイクなど非侵襲なセンサを搭載したサイバー救助犬スーツを装着した災害救助犬です。図2にサイバー救助犬の構成を示します。スーツを装着した複数の救助犬による被災者の捜索を、携帯電話網とクラウドサービスを利用して離れた場所にいるハンドラ(犬に捜索の指示を与える人間)や指揮本部とリアルタイムに共有することや、救助犬による捜索活動を記録することが可能になります。救助犬の捜索活動は、ハンドラや指揮本部のタブレット端末で確認することができます。小さなタブレット端末の画面でもみやすい専用表示ソフトを東北大学と株式会社ドーンで共同開発しました。NPO法人日本救助犬協会の認定救助犬に装着し、模擬瓦礫に取りのこされた被災者の捜索訓練を記録・可視化出来ることを実証しました(図3)。今後、災害救助犬や警察犬等の使役犬の捜索行動の可視化への利用が期待できます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0481114_01.JPG

表1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0481114_02.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0481114_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

  • 表示できる情報はありません。
  • 【ご注意】
    ・株価および株価指標データはQUICK提供です。
    ・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

    便利ツール

    銘柄フォルダ

    保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

    スマートチャートプラス

    個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

    日経平均採用銘柄一覧

    日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

    スケジュール

    上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

    株主優待検索

    企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

    銘柄比較ツール

    気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

    • QUICK Money World