メニューを閉じる
2019年6月26日(水)
3844 : システム・ソフトウエア
東証1部

【情報システム構築】グループウエアの開発やコンサルティング。

現在値(11:16):
4,040
前日比:
-120(-2.88%)

ノークリサーチ、2018年 中堅・中小企業におけるクラウド型RPAに対するニーズ傾向と今後の課題に関する調査結果を発表

2018/5/14 11:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年5月14日

2018年 中堅・中小企業におけるクラウド型RPAに対するニーズ傾向と今後の課題

ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ URL:http//www.norkresearch.co.jp)は中堅・中小企業におけるクラウド型RPAに対するニーズ傾向と今後の課題に関する調査を行い、その結果を発表した。本リリースは「2018年版 中堅・中小IT活用シーン別クラウド導入の実態/予測レポート」のサンプル/ダイジェストである。

<中堅・中小企業における処理の自動化を成功させるには、「クラウド型RPA」も有効な選択肢の1つ>

■最適なクラウド種別は「既存システム連携の有無」や「Webのみの完結性」で決まってくる

■「RPA」の分類を明確にした上で、クラウド形態の選択理由や課題を把握することが重要

■サーバ集約型の「クラウドRPA」でユーザ企業が抱く懸念は「サービスの継続性や可搬性」

対象企業: 年商500億円未満の中堅・中小企業700社(日本全国、全業種)(有効回答件数)

対象職責: 企業の経営に関わるまたはITの導入/選定/運用作業を担う職責

※調査対象の詳しい情報については右記URLを参照 http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2018Cloud_user_rep.pdf

○最適なクラウド種別は「既存システム連携の有無」や「Webのみの完結性」で決まってくる

中堅・中小企業が業務効率を大幅に改善するためには、「繰り返しの多い手作業の自動化」が不可欠となる。その実現手段として注目を集めているのが「RPA(Robotic Process Automation)」だ。しかし、RPAの実行環境を社内に構築することはIT管理/運用の人員が限られる中堅・中小企業にとって少なからぬ障壁となる。そこで期待されるのが、「クラウド型RPA」の可能性だ。以下のグラフ1は年商500億円未満の中堅・中小企業に対し、「業務フローの定義と連携による自動化」(サーバ集約型で様々な処理を連携させるタイプのRPAに該当する)で望ましいと考えるシステム形態を尋ねた結果である。

*グラフ資料は添付の関連資料を参照

グラフ1が示すように、今後はサーバ集約型のRPAにおいてもクラウド形態を検討するユーザ企業が増えていく可能性がある。

さらに、グラフ2はクラウド形態でのサーバ集約型RPAを導入済みまたは導入予定の中堅・中小企業に対して、クラウド種別を尋ねた結果である。

「IaaS/PaaS形態」はRPAの実行環境(サーバ側)をデータセンタに設置し、ユーザ企業のオフィスからPCで管理する形態に該当する。RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を採用し、エネルギア・コミュニケーションズが提供する「EneRobo」や、UiPathの「UiPath Orchestrator」をコムチュアがAWS上で提供する「クラウド型RPA導入サービス(RPA on AWS)」などが具体例として挙げられる。グラフを見ると、既存業務システムとのデータ連携の必要性も踏まえてオンプレミスとの組み合わせを含めた回答が多くなっていることがわかる。

一方、「SaaS形態」についてはオンプレミスとの組み合わせだけでなく、「SaaS形態のみ」という回答も見られる。実際、BizteXが提供する「BizteX cobit」のように、Webサイトや会計クラウドサービスからデータを収集してMicrosoft Excelファイルに出力する処理をブラウザのみで行えるサービスも登場してきている。したがって、「クラウド型RPA」の中でも、「既存システムとの連携が必須か?」や「連携対象がWebサイトや他のクラウドサービスで完結するか?」などによって、ベンダや販社/SIerが提案すべきクラウド種別も変わってくる。次頁以降では、こうした「クラウド型RPA」に関する分析結果の一部をサンプル/ダイジェストとして紹介している。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479500_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0479500_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World