メニューを閉じる
2019年7月17日(水)
4217 : 化学・化成品
東証1部
JPX日経400採用

【樹脂加工メーカー】日立系。半導体・液晶関連材料に強み。

現在値(9:56):
3,010
前日比:
-10(-0.33%)

日立化成、中国重慶に異方導電フィルム(ACF)により電極を接続したディスプレイ部材の信頼性評価等を行う施設を開設

2018/4/9 11:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月9日

中国重慶に、異方導電フィルム(ACF)により電極を接続したディスプレイ部材の

信頼性評価等を行う施設を開設

日立化成株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:丸山 寿、以下、日立化成)は2018年6月に、日立化成工業(重慶)有限公司内に、異方導電フィルム(Anisotropic Conductive Film(ACF)、当社製品名:「ANISOLM」)を用いて電極を接続したディスプレイ部材の信頼性評価等を行う施設(以下、評価施設)を開設します。この評価施設では、電極接続後のACFの接着力測定、ACF中の熱硬化性樹脂の反応率測定(*1)、電極接続部分の断面観察等を行うことができ、中国内陸部のお客さま(ディスプレイメーカー)のディスプレイ開発期間を短縮することが可能となります。

*1 ACF中の熱硬化性樹脂の硬化がどのくらい進んでいるか(どのくらい反応しているか)を測定するものです。

ACFは、ディスプレイ部材であるガラス基板、フレキシブルプリント基板等に配置された複数の電極を一括で接続する材料で、熱硬化性樹脂の接着剤に導電粒子を分散した接着フィルムです。基板回路とICチップの電極間にACFを挟み、加熱・加圧して実装することによって、上下の電極間に導電粒子が捉えられ、導電性を確保しながら、隣接する電極同士の絶縁性を両立し(異方導電性)、多数の微細電極を一括して接続することを可能にした製品です。

※参考画像は添付の関連資料を参照

近年、アジア地域を中心にディスプレイ市場は拡大しており、特に中国の大型パネルディスプレイの生産量は2021年には2016年比で約3倍(大型パネルの枚数、15インチ換算)まで成長すると言われています(*2)。これまで日立化成は、ACFの製造拠点である日立化成工業(南通)化工有限公司や、日立化成工業(東莞)有限公司、2017年9月に開設した「インテグレーションラボ(*3)」(日立化成工業(蘇州)有限公司 内)等、中国沿岸部の拠点を活用し、中国をはじめとしたアジア地域のお客さまへの技術サービスを行ってきましたが、最近は重慶市、成都市、綿陽市等、中国内陸部に工場を有するディスプレイメーカーが増えています。そうした内陸部のお客さまから、ACFを用いて電極を接続したディスプレイ部材の信頼性評価等を依頼された際、従来はお客さまのディスプレイ部材を、中国沿岸部に位置する日立化成グループの拠点に輸送する必要があり、評価に時間がかかっていました。

*2 出典:みずほ証券「Flat Panel Display Industry / Consumer Electronics」(2018年1月発行)

*3 日立化成が2017年9月に開設した、異方導電フィルム(ACF)のディスプレイ部材への実装、信頼性試験および解析を行う施設

です。

そこで日立化成は日立化成工業(重慶)有限公司内に、ACFを用いて電極を接続したディスプレイ部材の信頼性評価等を行う施設を開設することを決定しました。この評価施設では、電極接続後のACFの接着力測定、ACF中の熱硬化性樹脂の反応率測定、電極接続部分の断面観察等の各種評価・観察を行うことができ、中国内陸部のお客さまのディスプレイ開発期間を短縮することが可能になります。また、この評価施設で得た評価結果やお客さまのニーズ等の情報は、先に開設した蘇州市の「インテグレーションラボ」等と共有し、ACFの次世代製品の開発に活用してまいります。

今後、日立化成はこれらの施設を活用してアジア地域のお客さまへのACFのさらなる拡販を進め、ACFのグローバルシェアの拡大を図ります。

※表資料は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476695_01.JPG

表資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476695_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

31件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World