メニューを閉じる
2019年10月24日(木)
本社住所 〒 150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1

三井住友海上とあいおいニッセイ、「保険料スマホ決済サービス」を開始

2019/7/18 14:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月18日

~キャッシュレス社会の進展をサポート~

「保険料スマホ決済サービス」の開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)は、お客さまのスマートフォン(以下、スマホ)から保険料を支払う「保険料スマホ決済サービス」(以下、本サービス)を共同開発しました。

7月より順次、本サービスの提供を開始します。

お客さまは、当社の提示するQRコードにご自身のスマホをかざすだけで、ご希望の決済サービスを選択でき、キャッシュレスでの保険料支払いが可能となります。これにより、お客さまの利便性が飛躍的に向上します。

MS&ADインシュアランス グループは、今後もお客さまに選ばれ信頼される保険グループを目指し、先進デジタル技術を活用したサービスの提供に努めていきます。

1.開発の背景

近年、わが国では、現金を使わないキャッシュレス化に向けた動きが急速に進みつつあります。その中でも、スマホを活用した決済が急速に普及・拡大しています。

政府が主導するキャッシュレス推進施策の展開や、さまざまな決済サービスの開発・競争等により、お客さまの支払方法のニーズも多様化しています。

こうした社会環境の変化を踏まえ、当社グループは、キャッシュレス社会の進展を後押しすべく、多様化するお客さまのニーズに柔軟かつスピーディーに対応できる態勢を整備することとしました。

2.本サービスの概要

お客さまは、ご自身のスマホで当社が提示(代理店端末や書面上に表示)するQRコードを読み取り、決済専用サイトに接続します。当社が用意したラインナップの中からご希望の決済サービスを選択し、保険料をお支払いいただきます。

また、本決済専用サイトは、収納代行会社の決済サービス基盤を活用するため、今後の決済市場の変化にも柔軟に対応することが可能です。

なお、サービス開始時点における決済サービスのラインナップは、以下のとおりです。

 ○ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、Apple Pay、LINE Pay、Yahoo!ウォレット、楽天ペイ、PayPal、Alipay国際決済、銀聯ネット決済

  ※決済サービスのラインナップは、決済市場の動向等を踏まえ、随時追加・変更していく予定です。

<本サービスのイメージ図>

*参考画像は添付の関連資料を参照

3.本サービス開始のスケジュール

2019年7月より順次、サービス提供を開始します。

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514734_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

21件中 1 - 21件

  • QUICK Money World