メニューを閉じる
2018年11月20日(火)
6758 : 家庭用電気機器
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【世界的電機メーカー】ネット連携を推進。金融、映画なども強み。

現在値(9:08):
5,762
前日比:
-129(-2.19%)

ソニー、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」などヘッドホン4機種を発売

2018/9/5 14:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年9月5日

新開発のプロセッサーで業界最高クラス(※1)のノイズキャンセリング性能を実現

ハイレゾ相当(※2)の高音質も楽しめる『WH-1000XM3』などヘッドホン 4 機種発売

~アーティストの求める音質・遮音性・装着性を実現したステージモニターも同時発売~

*商品画像・参考画像は添付の関連資料を参照

ソニーは、新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載したことで、業界最高クラス(※1)のノイズキャンセリング性能を実現したBluetooth(R)対応ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』を発売します。あわせて、アーティストがライブステージで使う際に求める音質、遮音性、装着性を追求したステレオヘッドホン『IER-M9』・『IER-M7』、ハイレゾ音源の空気感まで臨場感豊かに伝えるステレオヘッドホン『MDR-Z7M2』を加えた計4機種を同日発売します。ソニーは、繊細な音楽表現を重視するアーティストから、高音質をいつでもどこでも快適に楽しみたいリスナーまで、音楽好きのお客様に向けた多様な商品を提供してまいります。

*商品概要は添付の関連資料を参照

『WH-1000XM3』は、ソニーが新開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を初めて搭載しました。前機種『WH-1000XM2』に比べて約4倍の信号処理が可能となり、飛行機などの低域のノイズはもちろん、人の声や雑踏の音など、これまで打ち消しづらかった中高域のノイズを大幅に低減。加えて、高音質化にも寄与しています。また、CD音源や、MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリング(※2)する独自技術DSEE HX(TM)や、ワイヤレス伝送でハイレゾ音源を原音に忠実に再現できるLDAC(TM)に対応。ワイヤレスであってもハイレゾ相当の高音質を実現します。さらに、長時間使用時も従来以上に快適に装着できるよう、本体を軽量化したほか、イヤーパッドの内部素材やイヤーカップの構造、ヘッドバンドの形状も改良。優れたノイズキャンセリング性能の作り出す静寂の中、高音質な音楽にこれまで以上に快適に浸れます。

『IER-M9』・『IER-M7』は、ステージ上でのモニタリングに最適な音質と、演奏に不要な周囲の音をカットする遮音性能、激しいパフォーマンスでもずれにくい安定した装着性を実現しました。複数のバランスド・アーマチュア(BA)・ドライバーユニットを最大限に活用した、新開発のマルチBAシステムを搭載。ボーカルや様々な楽器の音色、リズムを正確に再生します。加えて、周囲の騒音を抑制するノイズブロック構造と、柔らかく耳の形に沿うようにカーブしたプリフォームドイヤーハンガーも採用。アーティストの演奏の質をも高められるような、高品位な商品です。

※1:2018 年 8 月 30 日時点、ソニー調べ。JEITA 基準に則る。ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。

※2:DSEE HX ON 時に CD 音源や MP3 などの圧縮音源を SBC/AAC のコーデックで Bluetooth 再生する際、最大 96kHz/24bit まで拡張。aptX/aptX HD/LDAC による Bluetooth 接続時や有線接続時などの使用条件、その他各種機能設定により無効になる場合があります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像・参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489754_01.png

商品概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489754_02.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0489754_03.pdf

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

198件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World